【転職】子育て中でも取得しやすい「おすすめ資格」5選&ママに聞く試験勉強のポイント

0

2021年06月14日 14:01  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
子育てと仕事の両立がスムーズに行かず、悩んでいるママは少なくありません。「もう少し子育てしやすい職場に転職しようかな」と考えることもあるでしょう。

夫たちに聞いた!妻の“カチンとくる”一言 #11「買い物とイヤミ」

キャリアアップや転職を考えた時、アピールポイントになるのが「資格」です。

そこで今回は、子育て中でも取得可能なおすすめの資格や、実際に合格したママたちの声や勉強のポイントをご紹介します。

■子育てをしながら資格取得に成功したママたちの声

筆者の友人で、子育てをしながら資格取得に至ったママ3人に話を聞いてみました。

■子どもを保育園に預け、スクールに

「子どもを産んですぐに保育園に入れたのですが、求人を見て愕然。「やりたい」と思える仕事がなかったんです。

学校を出ることは今更できないので、そこから2ヶ月程度はネイリストのスクールに通って資格を取得しました。保育園は就労でなくても通学で入所できることもあるので、保育園に預けて自分は勉強していました。

技術職なので練習をしなくてはならず、課題などを出すのは大変だったのですが、もともと忙しいのが好きなので、子育てと勉強に追われるのは苦ではありませんでした。

ただ、ネイルの細かいパーツを子どもが口に入れないように管理するのは大変でした」(Mさん・27歳)

■勉強は子どもの就寝後に

「子どもは夜の9時に寝るので、そこから2時間程度は資格勉強の時間を作りました。過去問を解いて、ひたすら分からないところをテキストで学んで3ヶ月で無事にITパスポートを取得できました。

ただ子どもを寝かしつけているときは、自分もついウトウトしてしまって、勉強への気持ちの切り替えが大変でしたね。家事はなるべく元気な朝のうちに終わらせるようにしていました」(Wさん・31歳)

■家族に子どもの面倒を見てもらい、スクールに

「子どもは0歳から保育園に入れようとしたのですが、私の住む街では待機児童が多く、無理でした。

そこで、まだ人見知りをしない生後2ヶ月のときに、母に子どもを預けて介護の資格を取りにスクールに通っていました。

子どもが体調を崩したときはやはり側にいたいので、無料で振替がきくスクールを選びました。

子どもの夜泣きに耐えつつ、翌日スクールに通うのは大変でしたが、今では「あのときあんなに頑張ったんだから」と自信を持てるようになりました」(Kさん・29歳)

■子育て中でも取得しやすいおすすめの資格

■ITパスポート

学歴に関係なく受験できるのが「ITパスポート」の強みです。国家資格の一つですが、各地で毎週のように試験が行われており、子育て中のママにぴったり。

パソコンを使う仕事は年々増えています。「ITの知識がある」ということを企業にアピールするのに、ベストな資格と言えるでしょう。

■医療事務

通信学習などでも取り扱いがある医療事務は、医療系で働きたいというママにぴったりです。事務仕事をこれまでしてきた人なら、比較的入りやすい勉強内容でしょう。

■介護初任者研修

介護初任者研修は、2ヶ月程度で取得できる、介護の登竜門の資格です。講習の最後にテストがありますが、比較的簡単な内容のためプレッシャーを感じる必要はありません。

この資格があると、入浴介助をはじめ在宅介護などを行うこともできます。

3年以上介護の経験を積み、実務者研修資格を取得できれば、国家資格の介護福祉士にキャリアップが可能です。

■登録販売者

過去には実務経験や学歴を問われることもありましたが、2015年から不問になりました。

登録販売者は、第二種医薬品までの販売を行える資格です。薬局やドラッグストアで働くことができ、正社員を目指すこともできる資格です。

■ネイリスト

ママになってもおしゃれが大好きな女性におすすめしたいのがネイリスト。

スクールに通わなくても、3級程度までなら独学でも取得可能です。

■ライフスタイルから取得する資格を考える

漠然と「今の仕事を続けていくのは不安」と思っていても、最初の一歩を踏み出すのは勇気がいるものです。何の資格を取ったらいいか分からないということもあるでしょう。

そんなときにおすすめなのが、希望のライフスタイルから取得する資格を選ぶことです。

たとえば、子育てをしつつ仕事をするには保育園に入所させなくてはなりません。ですが、保育園の開所時間は限られているもの。フルタイムで働くのにベストな「8〜17時」の仕事はまだ少なく、保育園から職場への距離が適切ではなかったり、いい求人を見つけても同じようなママたちの応募が殺到することも考えられるでしょう。

そのような場合は「病院勤務」など、あらかじめ8〜17時の求人が多い分野で働くことを考えます。さらに、その分野の資格取得までできるとベスト。子どものお迎えまで余裕がある職場や、平日に希望休が使えるような職場もいいですね。



筆者も子どもを育てるまで、これほど兼業主婦が悩ましいものだとは知りませんでした。もしかしたら「子どもが生まれてから初めて自分のキャリアについて考えた」という筆者のような女性は少なくないのかもしれません。

子育てと仕事の両立は大変だからこそ、融通がきく職場がいいですよね。そのための資格取得、ぜひ一度考えてみてください。

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定