妻の「私はうまくやっていける覚悟がある」が後押しに 社会人サークルで出会った交際5カ月婚の夫婦

2

2021年06月14日 16:00  AERA dot.

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真【夫】梅澤光博[39]スマートショッピング Saas事業本部 マーケティング事業部:うめざわ・みつひろ◆1982年、神奈川県生まれ。大学卒業後、日立グループの企業にシステムエンジニアとして入社。金融会社などへの転職を経て、2019年から現職。製品「スマートマットクラウド」のマーケティングを担当/【妻】梅澤祐子[38]ミロク情報サービス 社長室 経営企画・広報 IRグループ:うめざわ・さちこ◆1983年、埼玉県生まれ。大学卒業後、広告会社に入社。コピーライターとして働いた後、アパレル専門商社などに転職。2015年から現職。現在は、グループ報の企画編集や広報PRの企画提案などに従事
【夫】梅澤光博[39]スマートショッピング Saas事業本部 マーケティング事業部:うめざわ・みつひろ◆1982年、神奈川県生まれ。大学卒業後、日立グループの企業にシステムエンジニアとして入社。金融会社などへの転職を経て、2019年から現職。製品「スマートマットクラウド」のマーケティングを担当/【妻】梅澤祐子[38]ミロク情報サービス 社長室 経営企画・広報 IRグループ:うめざわ・さちこ◆1983年、埼玉県生まれ。大学卒業後、広告会社に入社。コピーライターとして働いた後、アパレル専門商社などに転職。2015年から現職。現在は、グループ報の企画編集や広報PRの企画提案などに従事
 AERAの連載「はたらく夫婦カンケイ」では、ある共働き夫婦の出会いから結婚までの道のり、結婚後の家計や家事分担など、それぞれの視点から見た夫婦の関係を紹介します。2021年6月14日号では、勤務先で製品のマーケティングを担当する梅澤光博さん、グループ報の企画編集や広報PRの企画提案に従事する祐子さん夫婦について取り上げました。

【アプリで同大学同学部の同い年と意気投合 「寝る場所だった家が結婚で変わった」元・メディア業界の夫婦】

*  *  *
夫38歳、妻37歳のときに結婚。

【出会いは?】お互い交流の場を広げるために社会人サークルに参加。その食事会で、たまたま席が隣同士になった。

【結婚までの道のりは?】話をして気が合うことがわかり、連絡を取り合うように。交際5カ月で結婚。

【家事や家計の分担は?】風呂洗いは夫、料理は妻。それ以外の家事は気づいた人がしている。家計は年収に応じ、夫6割、妻4割で家賃や生活費を分担。


梅澤光博[39]
スマートショッピング
Saas事業本部 マーケティング事業部

うめざわ・みつひろ◆1982年、神奈川県生まれ。大学卒業後、日立グループの企業にシステムエンジニアとして入社。金融会社などへの転職を経て、2019年から現職。製品「スマートマットクラウド」のマーケティングを担当

 私たちは交際5カ月で結婚しました。「もう少し交際期間があってもいいのでは」と正直感じたこともあったのですが、妻からの「私はうまくやっていける覚悟がある」との前向きな言葉に後押しされ、結婚を決めました。今は、結婚してくれてありがとうと妻に言いたいです。

 当初、結婚はまだ先と考えていたため、ベンチャー企業に転職をしたところでした。平日は仕事で精一杯で、妻と話すのは夜寝る前の30分程度。その代わり、休日は食事や買い物など2人の時間を作っています。子どもは「できたらいいな」と2人とも思っていたのですが、その矢先、第1子を授かりました。

 今の会社は社員数は少ないですが、子育てに理解があり、「ファミリーファースト」を大事にしています。妻の妊娠を報告後、フルリモートワークに切り替えて仕事ができています。今は「超」効率化を考えて働いています。仕事のパフォーマンスは落とさずに、子育てをしていくことが目標です。


梅澤祐子[38]
ミロク情報サービス
社長室 経営企画・広報 IRグループ

うめざわ・さちこ◆1983年、埼玉県生まれ。大学卒業後、広告会社に入社。コピーライターとして働いた後、アパレル専門商社などに転職。2015年から現職。現在は、グループ報の企画編集や広報PRの企画提案などに従事

 30歳を過ぎた頃から前向きに婚活に取り組んでいました。でも、なかなか良い縁に巡り合いませんでした。ある日、婚活とは別で「飲み友達がほしい」と思い参加した社会人サークルで、夫と出会いました。話がつきず、沈黙も怖くない夫との結婚生活はイメージしやすかったです。

 交際5カ月で同棲の話が出ましたが、私は、同棲するなら結婚をしたい派。2人だったらうまくやっていけると強くアピールしました。

 結婚後5カ月で妊娠がわかったのですが、お互い「青天の霹靂」。驚きましたが、子どもは授かりものなのでうれしい限りです。所属部署は4人しかいないため、何かあったときのことを考え、妊娠2カ月でチーム内に報告をしました。

 今後の働き方、住宅の購入の有無、保活、母の介護などを考えすぎてしまい、不安を覚えることも。その時は夫に話を聞いてもらっています。普段は口数が少ない夫ですが、温かい人柄やその存在自体に癒やされています。

(構成・小野ヒデコ)

※AERA 2021年6月14日号

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定