首周りスッキリ!小顔効果も!簡単ハーフアップアレンジテク

0

2021年06月14日 19:30  つやプラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真40代・50代の女性のための美容・健康法を発信する、美容マガジン「つやプラ」
40代・50代の女性のための美容・健康法を発信する、美容マガジン「つやプラ」

洋服も軽めの素材が増えてくるこの季節。ヘアスタイルもすっきりとまとめて軽さを出したいですよね。

そこで今回は、美容師の筆者が、顔のすっきり見えが叶うハーフアップのやり方をご紹介します。ヘアスタイルですっきりとした印象を演出したい方は必見です。

■ハーフアップで顔をすっきり見せるポイント

ハーフアップで顔をすっきり見せるポイント

ハーフアップで顔をすっきり見せるには、顎ラインが重要です。

上の3つの写真の違いがお分かりになりますでしょうか?

写真左のように、ハーフアップでおろす髪の毛が多すぎると、すっきり見せたい顎ラインの所にボリュームが出て、顔が大きくみえ、横にボリュームが出過ぎてしまいます。

写真中央の、顔とフレームになる髪のバランスの割合が「顔の幅よりも少し多いかな」というくらいが、一番すっきりして見えます。

写真右のように、おろす髪の量が少なすぎると、顔の全面が出てしまい、膨張してみえてしまいます。

肌の色のように薄い色などは、明度が高くなるため膨張色となり、膨張してみえます。引きしめてみせるためには、明度の低い(ここでは、髪の毛の色を示します)茶色や黒の収縮色が必要になります。

ハーフアップもこの理論を利用し、バランスをとっています。

このバランスを元に、すっきり見えが叶う簡単ハーフアップをアドバイスさせていただきますね。

■顔のすっきり見えが叶うハーフアップのやり方

今回ご紹介するスタイルは、波ウェーブをベースにしたハーフアップです。

動画

こめかみから下と上に髪を分け、下部分の髪を波ウェーブにしていきます。外、内、外巻きの順でコテを入れていきます

(1)こめかみから下と上に髪を分け、下部分の髪を波ウェーブにしていきます。髪の先の方から外巻き、内巻き、外巻きの順でコテを入れていきます。

上部分も同様に波ウェーブにしていきます

こめかみから上の部分も、同様に波ウェーブにしていきます。

サイドの髪をとり、ねじりながら結びます。この時、鏡で見ながらご自分の一番すっきり見える分量を調整しましょう。結んだ髪をくるりんぱにして、ルーズにくずしたら完成です

(2)サイドの髪をとり、ねじりながら結びます。この時、鏡で見ながら自分の一番すっきり見える分量を調整しましょう。結んだ髪をくるりんぱにして、ルーズにくずしたら完成です。

セット剤は、ワックスやバームなどのセット力があるものがおすすめです

セット剤は、ワックスやバームなどのセット力があるものがおすすめです。

ベースを波ウェーブにしたことにより、首回りのシルエットにくびれができ、ふんわりした大人っぽい柔らかい動きになります。くびれヘアは、世代を問わず人気が高く、メリハリが出ることでリフトアップ効果や小顔効果もあります。簡単なのでぜひお試しください!

(美容師/ヘアメイク/セミナー講師 Mayu)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定