中川大志、主演ドラマ撮影現場で誕生日祝い 新木優子&田中みな実らと記念撮影

1

2021年06月14日 20:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真日曜ドラマ『ボクの殺意が恋をした』主演・中川大志のお誕生日をお祝いする(左から)永田崇人、新木優子、中川大志、中尾明慶、田中みな実、小西はる (C)ytv
日曜ドラマ『ボクの殺意が恋をした』主演・中川大志のお誕生日をお祝いする(左から)永田崇人、新木優子、中川大志、中尾明慶、田中みな実、小西はる (C)ytv
 俳優の中川大志が主演する7月4日スタートの読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『ボクの殺意が恋をした』(毎週日曜 後10:30)の撮影現場で、きょう14日に23歳の誕生日を迎えた。新木優子演じる漫画家の受賞記念パーティーのシーンの撮影中、サプライズで祝福を受けた中川、新木優子、田中みな実、中尾明慶、永田崇人、小西はるらによる記念写真が到着した。

【写真】最高に“間が悪い”殺し屋を演じる中川大志

 今作は、映画『翔んで埼玉』『かぐや様は告らせたい』『ライアー×ライアー』の徳永友一氏がオリジナル脚本で手掛けるスリリング・ラブコメディー。自分の育ての親である“伝説の殺し屋”を何者かに殺されてしまった主人公・男虎柊(おのとら・しゅう)は、敵討ちのため「殺し屋家業」を継ぎ、殺し屋になることを決意。そして用意周到に暗殺ターゲットの人気漫画家・鳴宮美月(新木)に近づくが…柊は“殺しの才能はゼロ”だった――。

 関東近郊のホテルで撮影が行われたこの日、シーンのリハーサルがひと段落すると、突然、ドラマ演出の星野和成監督がギターを持って登場。スタッフからの掛け声で、音楽スタートし、パーティー会場のエキストラ含め出演者・スタッフみんなが、星野監督のギターに合わせ「ハッピーバースデー・トゥーユー」を大合唱した。

 花束とたくさんの風船を贈られた中川は、はにかみながら、「みなさん、ありがとうございます! 大変な撮影スケジュールですが、体調に気を付けながら最後まで頑張りましょう!」と出演者やスタッフへねぎらいの言葉をかけつつ、改めて奮起していた。
    ニュース設定