杉本彩、愛犬・でんじろうの旅立ちを報告 「息子のような存在」と愛犬に寄り添い悲痛な表情

0

2021年06月15日 12:12  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真杉本さんとでんじろう(画像は杉本彩Instagramから)
杉本さんとでんじろう(画像は杉本彩Instagramから)

 タレントの杉本彩さんが6月14日、愛犬のでんじろうが天国に旅立ったことを報告。この日で四十九日を迎えたそうですが、「思い出が笑顔で満たされるまで、もう少し時間がかかりそうです」と悲しみは癒えていないことを明かしています。



【画像】杉本さんがお別れしてきた愛犬たち



 肺高血圧症との闘病の末、4月27日に虹の橋を渡ったというというでんじろう。杉本さんによると毎日の投薬治療に耐えていたでんじろうは、「闘病中も、酸素ボックスから出られる時間が思っていた以上に多く、食欲にムラはあるものの、亡くなるその日まで、好きなものを食べることもできて、『今を生きる』動物らしい生涯を送ることができたように思います」と最期まで生を全うしていたといいます。



 四十九日を迎えたこの日、「写真を選ぶ作業と、思いを文章にすることが、長い間どうしてもできず、本日のご報告となってしまいました」とでんじろうの旅立ちをようやく公表できたという杉本さん。「でんじろうをご心配くださっていた皆さん、ありがとうございました」とファンに向けて感謝をつづった他、「私にとっては、息子のような存在で、いつも一緒にいるせいか、私の一部のようで、小さなでんじろうですが、とても大きな存在でした」と息子同然だったでんじろうへの思いも明かしています。



 同投稿では、9年間ともに過ごしたでんじろうとの思い出写真だけでなく、悲痛な表情で愛犬に頬寄せる姿や、最後のお見送りをする様子も公開した杉本さん。文末では、「でんじろうに出会えて、本当に、本当に幸せでした。いつか、また会えるその日を信じて、、、」と“最愛の息子”への愛と感謝をつづっていました。



 杉本さんは動物愛護の啓発活動に熱心に取り組んでおり、自身も多くの犬猫を里親として引き取ってきました。その分だけ別れも多く経験しており、2019年1月には愛猫のアントニオ、2020年2月には愛犬の小梅、同年5月には愛猫のももじろう、同年10月には愛猫のベティ、2021年3月には愛犬のきなこの旅立ちを報告しています。


    ニュース設定