「刀剣乱舞-本丸博-2020」がスマートフォンで楽しめる! “オンライン会場”ならではの特別なアングルで見られる展示物も

1

2021年06月15日 19:13  ねとらぼ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真「刀剣乱舞-本丸博-2020」
「刀剣乱舞-本丸博-2020」

 「刀剣乱舞-本丸博-2020」製作委員会は、公式展示イベント 「刀剣乱舞-本丸博-2020」のオンライン会場を6月16日〜7月31日の期間で設置します。



【画像】オンライン会場の様子



  「刀剣乱舞-本丸博-2020」は、PCブラウザ&スマホアプリゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」のサービス開始5周年を記念して、昨年全国7都市にて開催されました。



 今回は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて会場まで足を運べなかった人や、もう一度会場を見てみたい人を対象に、最終開催地となった愛知会場をバーチャル化した「オンライン会場」がバーチャルイベントアプリ「MiloQ+(ミロックプラス)」に登場します。



 「オンライン会場」は、実際の愛知会場を360度パノラマ撮影しオンライン上に再現したもの。360度好きな角度から会場内を鑑賞できます。



 会場内には、「メディアミックスの間」「軌跡の間」「五周年記念大祝画の間」「川柳の間」「内番の間」「真剣の間」「とある本丸の間」「謝儀の間」「歓迎の間」があります。「五周年記念大祝画の間」では各刀剣男士のイラスト、「メディアミックスの間」では再現した衣装やメディアミックスの経歴がみられます。会場を独り占めしてじっくり見られるのは楽しいですね。



 またオンライン会場ならではの、新たな要素も追加されています。東京会場だけで展開された参加型特別企画だった「あなたの本丸川柳」が完全復活。「あなたの本丸」を表現する川柳をランダムに314点展示した「川柳の間」をフルCG空間で展開し、ひとつひとつじっくりと閲覧できます。



 さらに、「刀剣乱舞-ONLINE-」の「本丸」の情報から独自の解釈で間取りを推測して制作した1/100ジオラマ模型「とある本丸」では、4Kカメラで撮影した31点の写真を追加展示。オンラインならではのアングルで、さまざまな風景を堪能できます。



 配信期間中は何回でも、本丸博を楽しむことができるのもオンライン会場のうれしいポイントですね。「刀剣乱舞-本丸博-2020」オンライン会場は、スマートフォンから「MiloQ+(ミロックプラス)」アプリをダウンロードして閲覧できます。


    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定