木村拓哉、『ゲーム・オブ・スローンズ』Pとタッグ 全編英語&イタリアで撮影の超大型国際ドラマ出演

0

2021年06月16日 07:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真海外ドラマ『THE SWARM(原題)』への出演が決定した木村拓哉
海外ドラマ『THE SWARM(原題)』への出演が決定した木村拓哉
 俳優の木村拓哉が、世界的大ヒットドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のフランク・ドルジャーが手掛ける超大型国際ドラマ『THE SWARM(原題)』に出演することが決定。木村は「頂いた役柄を大切に演じたいと思っています」とコメントした。

【写真】映画『マスカレード・ホテル』会見に登場した木村拓哉

 本作は、ドイツ国内だけで450万部を売り上げ、世界27言語に翻訳されている、フランク・シェッツィングによる、世界各地を舞台にした海洋SFサスペンス小説のドラマ化で、ヨーロッパ各国の主要放送局とHulu Japanが共同製作するビッグ国際プロジェクト。2011年から8年にわたり放送され、世界のテレビ史に残るモンスター級の大ヒットを飛ばした海外ドラマ『Game of Thrones(ゲーム・オブ・スローンズ)』の主要プロデューサーのひとりで、数々のエミー賞受賞歴を誇るフランク・ドルジャーが製作総指揮を務め、そのほか、世界の秀逸なクリエイターたちが国境を越え集結する。

 深海に生息する未確認知的生物の群れに直面する人類の闘いを描く本作で木村が演じるのは、人類の危機に立ち向かう科学者グループのひとつを組成し海洋問題に取り組む“ミフネ財団”の創設者で、自らそのチームを指揮するアイト・ミフネ役。アイトはストーリー後半部分でのキーパーソンのひとりで、人類の運命の鍵を握る人物となる。フランク・ドルジャーから「木村さんに演じてもらう役は、強く権威ある雰囲気と際立った知性を同時に表現できることが求められますが、彼の作品を拝見しこのキャラクターを演じるのにまさしくうってつけと確信しました」と熱烈オファーを受け、出演が実現した。6月より全編英語でイタリアで行われる撮影に参加する。

 「『Game of Thrones』は大好きな作品でしたので、そのチームからのオファーがあった際は、素直に嬉しい気持ちでした」という木村。「原作の世界観の完成度が高く、この世界観の中に自分が参加できる事を大変嬉しく思います」と語り、「どんな役であれ、頂いた役柄を大切に演じたいと思っています」とコメントした。

 一方、製作総指揮のフランク・ドルジャーは、「アイト・ミフネ役に木村拓哉さんという知性と威厳を兼ね備えた素晴らしい役者さんと出会えたことは大きな喜びです。またミフネというキャラクターをより深化させる作業を拓哉さんと共にできていることは大きな喜びでもあり、彼の仕事に取り組む真摯な姿勢は本当に尊敬に値するものだと思っています」と木村を絶賛。そして、「日本を代表するスターを新たな視聴者に紹介できることに非常にエキサイトしています」と語り、「日本最大のスターの一人と仕事ができることを本当に楽しみにしています」とメッセージを寄せた。

 超大型国際ドラマ『THE SWARM(原題)』は、2022年世界同時放送&配信。日本ではHuluで独占配信予定。全8話。
    ニュース設定