巨人・桑田コーチ、交流戦は「7回、8回、9回というのが…」

1

2021年06月16日 09:14  ベースボールキング

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真5回にピンチを招き、桑田コーチ補佐(左から2人目)に声を掛けられる巨人・横川(同3人目)=東京ドーム
5回にピンチを招き、桑田コーチ補佐(左から2人目)に声を掛けられる巨人・横川(同3人目)=東京ドーム
 15日に放送された『ショウアップナイタープレイボール』で巨人の桑田真澄一軍投手チーフコーチ補佐のインタビューの模様が放送され、交流戦を振り返った。

 巨人は交流戦7勝8敗3分と負け越し、交流戦の投手防御率は3.84だった。桑田コーチは「7回、8回、9回というのが非常に苦しいですよね。菅野の離脱も大きかったですし、最後のデラロサの調子があがらないとか、怪我による離脱もあって苦しかったですね」と振り返る。

 桑田コーチが話すように、1日の西武戦や3日の西武戦など、試合終盤に打ち込まれるケースがあった。桑田コーチは「ほとんどが失投ですよね。失投がやはりホームランになってしまいますよね。パ・リーグのバッターは強いスイングをしてきますので、失投する真ん中周辺に投げると、フェンスオーバーの確率があがっていきますよね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
    ニュース設定