レッドソックス・澤村が今季3勝目 バット粉砕の完璧リリーフ披露

18

2021年06月16日 14:22  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真現地15日、ブレーブス戦で好投した澤村拓一
現地15日、ブレーブス戦で好投した澤村拓一
● ブレーブス 8 − 10 レッドソックス ○
<現地6月15日 トゥルーイスト・パーク>

 レッドソックスの澤村拓一投手(33)が15日(日本時間16日)、敵地で行われたブレーブス戦にリリーフ登板。1イニング三者凡退のパーフェクトリリーフをみせ、今季3勝目(0敗)を手にした。

 澤村は7−7の同点で迎えた7回裏に登板。先頭の4番・ライリーをカウント0−1から内角高めのスプリットでバットを折り遊ゴロに退けると、5番・スワンソンも外角低めの98マイル(約157.1キロ)でバットを粉砕。力ない投ゴロに抑えた。スイッチヒッターの6番・アルモンテに対してはカウント0−1からスプリットを4球続けて空振り三振。最後は93.4マイル(150.3キロ)を真ん中低めに落として膝をつかせた。

 レッドソックスは直後の8回表に勝ち越し、パーフェクトリリーフを見せた澤村が今季3勝目。チームは2連勝で貯金を「14」に増やし、地区首位のレイズと2ゲーム差に迫っている。

このニュースに関するつぶやき

  • こんなんマッスルミュージカルスレ成り立たんやん(誉め言葉)
    • イイネ!4
    • コメント 1件
  • ほら、原監督の目は節穴だって分かったでしょ? 好き嫌いで選手選んでんじゃないの?
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(12件)

ニュース設定