DeNA移籍の有吉優樹が入団会見「ローテーションをしっかり回れるように」

4

2021年06月16日 17:04  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真DeNAの球団事務所で入団会見に臨んだ有吉投手
DeNAの球団事務所で入団会見に臨んだ有吉投手
◆ 先発ローテの一角として期待

 DeNAは16日、ロッテからトレードで獲得した有吉優樹投手の入団会見を球団事務所で行った。なお、背番号は「67」に決定している。

 冒頭、三原一晃球団代表は「先発として試合をしっかりと作れる投手。ローテーションの一角を担ってもらえるように」との期待を口にし、「二軍スタートではあるが、早いタイミングで上がってきて欲しい」とコメント。評価ポイントについては、「フォアボールの数が極めて少なく、ゾーン内でキチッと勝負しながら打ち取っていくピッチャー」であることを挙げ、ロッテの編成とは「キャンプの頃から日常的に話し合っていて、今回まとまった」と、トレードに至った経緯も説明した。

 有吉は、「役割をしっかりと把握しながらやっていきたい」と第一声。月曜日に球団事務所でトレードの知らせを受け「驚きは強かったが、自分の中ではチャンス。マイナスよりもプラスに捉えて、これからやるって気持ちでいます」と前向きだ。千葉出身ながら「新鮮な気持ちでやれる」と、地元を離れたことをもポジティブに捉えていた。

 自身の持ち味に関しては「丁寧なピッチングに、強気なピッチングを足して、長いイニングを投げられること」と語り、「ローテーションをしっかりと回れるように、やるべきことをやっていきたい」と新天地での活躍を誓った。

 ベイスターズについては「交流戦で来たとき、チームとファンが一体になって、球場も一体感のあるエンターテイメントという凄さがあった。華やかなチーム」という印象で、「若い選手が元気よく、チームの雰囲気の良さも感じていました。早く慣れたいです」と、合流を心待ちにしていた。

 同性の有吉弘行にちなみ、入場曲は「白い雲のように」だが、新天地でも「前向きに検討しています」とニヤリ。愛称も「ハマのアリエッティでお願いします」と笑いを誘った。

 ウイークポイントの先発陣のテコ入れのため、チームの古参、国吉佑樹を放出してまで獲得した有吉優樹。濱口遥大、復帰した今永昇太の両左腕は安定しているが、先発右腕は故障や不調で離脱が相次いでいるだけに、一刻も早くローテーションに食い込んでもらいたいところだ。


取材・文=萩原孝弘(はぎわら・たかひろ)

このニュースに関するつぶやき

  • 某所ではだいぶボロカスで全然歓迎の言葉もないぐらいの言われようやったけど…頑張れ有吉くん!応援してるぞ! https://mixi.at/a9WN0e3
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 某所ではだいぶボロカスで全然歓迎の言葉もないぐらいの言われようやったけど…頑張れ有吉くん!応援してるぞ! https://mixi.at/a9WN0e3
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定