神木隆之介、“船の上”で『コントが始まる』撮了「このドラマに出会えて良かった」

0

2021年06月17日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真19日に最終回を迎える『コントが始まる』をクランクアップした神木隆之介 (C)日本テレビ
19日に最終回を迎える『コントが始まる』をクランクアップした神木隆之介 (C)日本テレビ
俳優の神木隆之介が、19日に最終回を迎える日本テレビ系連続ドラマ『コントが始まる』(毎週土曜 後10:00)のクランクアップを迎えた。神木演じる朝吹瞬太の最後の撮影はなんと船の上。花束を手にした神木は「このドラマでは、今まで味わったことのないドラマの体験が出来ました」と噛み締めた。

 今作は『俺の話は長い』(日テレ/2019)で、第38回向田邦子賞を受賞した金子茂樹氏が脚本を担当。プロデューサーは『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の福井雄太氏が務める。春斗(菅田将暉)、潤平(仲野太賀)、瞬太(神木隆之介)らお笑いトリオ・マクベスと、彼らがいつもネタ作りに集うファミレスのウェイトレス・里穂子(有村架純)、つむぎ(古川琴音)の5人の男女による青春群像劇を描く。

【場面カット】瞬太(神木隆之介)が食べているのはまさかの…?

 約3ヶ月の撮影を振り返り、神木は「とても早かったですね。全力で駆け抜けようという覚悟はもちろんありましたし、同世代の人たちが多かったので、みんなで一生懸命やってたら本当にあっという間に最終回でした」としみじみ。
 
「28歳という年齢でちょうど色んなことを考えるときに、このドラマに出会えて良かったと思います。感謝しかありません。本当にみなさんの愛情を受け取りながら、演じられた朝吹瞬太でもあり、みなさんと一心同体だったと思います。本当に、ありがとうございました!」と コメントを寄せた。
    ニュース設定