『バイオハザード』シリーズ屈指の人気を誇るイケメン レオン・S・ケネディの魅力

2

2021年06月17日 10:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真レオン・S・ケネディ=『バイオハザード:インフィニット ダークネス』場面写真(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
レオン・S・ケネディ=『バイオハザード:インフィニット ダークネス』場面写真(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
 Netflixで全世界独占配信されるアニメ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』(7月8日配信)の場面写真が17日、公開された。シリーズ屈指の人気を誇るイケメンにして今作の主人公、レオン・S・ケネディの魅力が漂うカットとなっている。

【画像】解禁されたレオン・S・ケネディの場面カット

 歴代『バイオハザード』シリーズで登場する数々のキャラクターのなか、外見も中身も屈指の”イケメン”として愛されているレオン。
端正な顔立ちはもちろんのこと、柔らかな髪を風になびかせながら、名優トム・クルーズの如くバイクが似合い、クールで落ち着きながらも正義感の強い人柄で<シリーズ人気No.1イケメン>の呼び声も高い。

 本作では、ホワイトハウスでの事件捜査のため召集され、見慣れた現場の革ジャン姿だけでなく、初のスーツ姿を披露。そのビジュアルが公開されるや否や、SNSでは「レオン様のスーツ姿なんか新鮮」「レオンのお仕事スーツ姿かっこよかった」「レオンさんのスーツ姿、決まっててかっけぇ!」という期待の声も続々。鍛え抜かれた体にフィットしたフォーマルなスーツ姿は、いつもと一味違う大人な色気を醸し出し、30歳目前となりさらに渋みを増したレオンの姿が堪能できる。

 初解禁となった場面写真では、歴戦をくぐり抜けたレオンの大人の哀愁が漂う数々の姿にフォーカス。監督を務める羽住英一郎は、「正義感の強い若いレオンと、果てしない闘いに少し疲弊してきた感のある『バイオハザード:ヴェンデッタ』の2014年時代のレオンと、その中間に位置する2006年を描く事により、白か黒ではないややビターな立ち位置に彼を立たせた」とコメント。「スーツ姿のレオンは、その象徴として重要なキービジュアルですが、カッコよく着こなしてくれたので、流石はレオンだなと思いました」と語り、本作で描かれるレオン立ち位置と共に、そのビジュアルも大絶賛している。

 これまで様々なシチュエーションにおいて相手の立場や性別などを気にすることなく、他のキャラクターとひと味違う正義感を抱き、どんな時も「同じような悲劇を繰り返させない」という強い気持ちを行動に変え、様々なミッションに挑んできたレオン。これまで幅広い層のファンたちを惹き付けてきた”レオンらしさ”は、今作でも健在だ。

 さらにレオンといえば、これまでの作品でいろんな女性キャラクターと絶妙な距離感を保ち、どこか余裕のある男の姿を見せてきたことでもおなじみ。本作では久々の再会となるクレアだけでなく、新キャラクターである謎のアジア系美女・シェンメイとの関係も見逃せない。

このニュースに関するつぶやき

  • ゲイ的にはレオンよりクリス派が多そう(笑)
    • イイネ!2
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(1件)

オススメゲーム

ニュース設定