崎山つばさ&井上小百合、舞台で問う“アイデンティティ” コロナ禍での上演に決意

1

2021年06月17日 11:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真舞台TXT vol.2『ID』公開ゲネプロ前囲み取材に出席した(左から)崎山つばさ、井上小百合 (C)ORICON NewS inc.
舞台TXT vol.2『ID』公開ゲネプロ前囲み取材に出席した(左から)崎山つばさ、井上小百合 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の崎山つばさ、女優の井上小百合が16日、都内で行われた舞台TXT vol.2『ID』公開ゲネプロ前囲み取材に出席した。

【集合ショット】新感覚舞台『ID』出演者がズラリと集結

 “TXT”は、仮面ライダーシリーズの『仮面ライダーゼロワン』、『仮面ライダーエグゼイド』でメインライターを務める高橋悠也氏と、仮面ライダーシリーズを手がける「東映」が手を組み、新たなコラボレーション作品を生み出していくプロジェクト。今作では、改めて“生きること”を問いただし、新たな演劇作品を提示する。

 この日の会見で、崎山は「ようやく初日を迎えられるという感覚と同時に本番を迎えられてよかったという気持ちもありますが、気を抜かずに届けられたなと感じています。みなさんが、舞台を何も気にせず楽しんでもらえる状況が、少しずつ取り戻せてきているかなと思いますが、そこに甘えることなく、しっかりと見せていきたいです」と意気込み。

 井上は「アイデンティティがひとつのテーマになっている作品です。劇中に『あなたの性格は何ですか。自分で考えて答えてください』というせりふがあるのですが、何のために生きているんだろうと問われて、明確に答えられる人いるのかなと考えてしまいました。そういうもの丸々詰め込まれていて、自分自身にとっても役者としてのアイデンティティを見つけていく作品になるのではないかと考えています」と言葉に力を込めた。

 同作では1人2役を担当するが、高橋氏は出演者の魅力を語っていく中で、崎山について「つばさという名前だけあって、天使のような人柄だと思っていました。けいこを重ねていくうちに、役に入って豹変して、天使というのは地獄に落ちると悪魔になるのですが、そういう意味では天使と悪魔、両方の魅力を兼ね備えた人だなと思うようになりました」と表現。井上についても「血統書付きネコと、雑種の野良ネコのような人だなと思いました。同じネコでありながら、まったく違うネコを演じている。気品さと泥臭さの両面を演じているような方だなと感じました」と紹介していた。

 囲み取材にはそのほか、松田凌、萩谷慧悟(7ORDER)、小野塚勇人、砂川脩弥、鈴木蘭々も出席。同作は、17日から27日まで東京・よみうり大手町ホールで上演される。
    ニュース設定