矢部太郎、絵本作家の父を描いた漫画発売 父も絶賛「親バカですが、よく描けている」

3

2021年06月17日 11:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真(左から)やべみつのり、矢部太郎(C)新潮社
(左から)やべみつのり、矢部太郎(C)新潮社
 カラテカの矢部太郎が、実の父である絵本作家・やべみつのりと自身の幼少期のエピソードを描いた漫画『ぼくのお父さん』(新潮社)が、17日に発売される。

【画像】シリーズの番外編的な一冊『「大家さんと僕」と僕』

 矢部と大家のおばあさんとの交流を描いた『大家さんと僕』は、心温まるエピソードが「ほっこりする」と話題を呼び、ロングセールスを記録。芸人として初、プロの漫画家以外でも初となる朝日新聞社主催『第22回手塚治虫文化賞 短編賞』を受賞した。

 『大家さんと僕』以来の最新作となる今作では、40年前の東京・東村山を舞台に、つくし採取、自転車の2人乗り、屋根から眺めた花火など、普遍的でノスタルジックな心温まるストーリー。子どもを見守りながら、同じ目線でともに遊び、常識にとらわれず、のびのびと子どもと向き合い、ときに親自身も成長していくエピソードがつづられている。

 発売にあたって、父のみつのりがコメントを寄せた。

■やべみつのりコメント
親バカですが、よく描けているなと思います。自分で言うのもなんですが、つくづくへんな「お父さん」ですね。高度成長期に「全力でのらないぞ!」という気合いを感じます(笑)。自分の好きなことを、子どもと一緒にやっていたなあと改めて感じました。僕自身が子どもと楽しみながら、生き直していたように思います。子育てをされている皆さん、子育てを楽しんで、子どもから学んでください。子どもはみんなおもしろい!
マンガとしても、シンプルななかにポエジーがあって、読者に想像する余地を残していていいなと思いました。幼い息子視点で父親のことを描いたのもユニークなんじゃないかな。お父さんの帽子は、電気スタンドのカサみたいで、ちょっと変だけど(笑)。締め切りを守らず編集者を困らせているところなどは今も変わっていないので、太郎は成長して活躍しているようだけど、僕自身は成長していないなあ。

このニュースに関するつぶやき

  • 矢部太郎さんのイラストは、この人の人柄を表すかの様な優しいイラストで好きです。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定