<家族への嫌悪感>「ばあちゃんが嫌い」祖母の嫁いびりが不快。親の援助で家を出る僕は【後編】まんが

0

2021年06月17日 23:31  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ
前回からの続き。居心地の悪かった親元を離れ、都会での大学生活を始めた僕。祖母のいる実家には帰りたくなくて、上京してからは年に1度帰るか帰らないかでした。大学を卒業し、就職してしばらくした頃、アイコおばさんから電話がかかってきました。アイコおばさんは父の姉です。
祖母の体調が悪くなり、時折、アイコおばさんが介護の手伝いをしているようでした。おばさんの口から出てきた「大学に行き一人暮らしできたのは、おばあちゃんのおかげ」という言葉。気になった僕は、その晩、母に話を聞いてみました。すると……。

2(後編)僕が大人になってわかった母の嘘
祖母から逃げるように出た実家だったのに、そのお金を工面してくれたのはあの祖母だったなんて……。

3(後編)僕が大人になってわかった母の嘘
お金のことを正直に言ってくれればよかったのにと思う反面、父も母も僕にその事実を言えなかったのだと思います。僕は両親を責めることはできませんでした。

そうはいっても、いまだ祖母には嫌悪感があります。母のことをいびり倒していた記憶はなかなか消えるものではありません。でも祖母のおかげもあって大学に行けたのは事実。援助に対して、素直に感謝の気持ちを伝えるべきだと思いました。祖母や両親に感謝をしつつ、彼女とともに穏やかな家庭を築いていけたらと思います。
※この漫画は知人の話を元に作成しています。
脚本・rollingdell 作画・善哉あん 編集・一ノ瀬奈津

■ママスタセレクトで読む

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定