赤楚衛二、『CanCam』今年上半期最もハートをバズらせた人物に選出 甘酸っぱい初恋エピソードも披露

1

2021年06月18日 09:32  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『第1回CanCam Buzz Award』で「Top of キュンキュン」賞に輝いた赤楚衛二
『第1回CanCam Buzz Award』で「Top of キュンキュン」賞に輝いた赤楚衛二
 俳優の赤楚衛二が、23日発売のファッション誌『CanCam』8月号(小学館刊)に登場している。今年上半期、「私たちのハートを最も“バズ”らせた」人物やモノを選ぶ『第1回CanCam Buzz Award』を誌上にて開催。読者700人がアンケートで選んだ、CanCam世代に生きる活力=ときめきを与えてくれた「Top of キュンキュン」部門は、赤楚と、アイドルグループ・HKT48からの卒業を発表した宮脇咲良が受賞した。

【写真】アンニュイな表情で…カメラを見つめる赤楚衛二

 赤楚は、昨年出演した人気BLコミック原作のドラマ“チェリまほ”こと『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』でブレイク。日本で多くの賞を受賞するほか、海外でも放映され大きな話題になった同作品で主演を務め、圧倒的なルックスと見る人をとりこにする真っ直ぐな演技で、世界中に“キュン”を巻き起こした。同誌では、赤楚の魅力を伝える撮り下ろしページを掲載。インタビューでは、受賞の喜びとともに、本人が思う「キュン」な瞬間についても語っている。

 赤楚は「僕にとってのキュンキュンとは、飾らない自然体の姿に、少しの緊張感が入り混じったような気持ちだと思っていて。思い出を言うと、小学5年生のときの初恋です」と説明。「雪の降る中、好きな女の子とふたりで帰っていた日、僕が5メートル前を歩いていたんですけど、いきなり背中に雪を投げられて、振り返ったらその子がめちゃくちゃ笑っていたんです。その笑顔には思わずキュンってしましたね…!」と甘酸っぱいエピソードを紹介した。続けて「静と動って言うのかな。あれ?って思って、 実はこうだった…という少しの裏切りがときめきを作るのかなと思っています」と語った。

 『第1回CanCam Buzz Award』ではそのほか、「20代に影響を与えるNEWクリエイター」賞にヒップホップユニット・Creepy Nuts、モデル・伊原葵、クリエイティブディレクターの辻愛沙子氏、アーティストの緑黄色社会ら、7人2グループが受賞。さらに、次世代を引っ張る注目の存在「NEXTブレイクスター」賞や、2021年の流行が丸わかりする「Buzzったもの、全部見せ!」など46ページにわたり特集している。

このニュースに関するつぶやき

  • BLで活躍しないと取り上げられないなんって異常だよ
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定