小泉今日子、本で知るLGBTQ+を考える「文化は国境や人種を超えていく」

0

2021年06月18日 14:39  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真Spotifyオリジナルポッドキャスト番組『ホントのコイズミさん』
Spotifyオリジナルポッドキャスト番組『ホントのコイズミさん』
 14日より配信されているSpotifyオリジナルポッドキャスト番組『ホントのコイズミさん』(毎週月曜配信)では、6月の「プライド月間」にちなんで「文化は国境を超える!プライド月間に届けるLGBTQ+の世界」を放映する。

【音源】小泉今日子、本で知るLGBTQ+を考える

 本を開けば、新しい世界への扉が開く。小泉の傍らにはいつでも本があった。自ら「本」と「本に関わる人たち」に会いに行き、語らい、紡いでいく……。自分という旅路を歩む者たちの止まり木的存在が同番組のコンセプトとなっている。

 14の配信には、LGBTQ+の社会問題をリベラルな立場から雑誌として出版している「Over Magazine」の古賀一孝氏と宇田川しい氏が登場。本で知るLGBTQ+について、いろんな悩みや壁にぶつかっている人に贈る本について届けていく。

■『ホントのコイズミさん』#11

80年代のエイズパニックの際、感染していると誤報号外を出された当時の小泉は、本からエイズについての知識を学び、そこから大きな差別に気がついたと明かす。LGBTQ+のムーブメントが起きている現在、そうでなくなった時にも、ほかのマイノリティの問題も当事者として“ソリダリティ”=連帯して声を上げていくべきであり、一人でも多くの人が、世の中で起こっていることを”知る”ことが大事。経済やお金ではない、連帯することで生まれていくものがあり、文化は国境や人種を超えていくことができると語る。
LGBTQ+や、ほかのマイノリティへの理解を強める小泉の想い、LGBTQ+の当事者であるゲスト2名が救われた本も紹介する。
    ニュース設定