英会話は筋トレと同じ!?  厳選した100例文を反復して体に刷り込ませるだけの「英会話本」

11

2021年06月18日 17:41  ダ・ヴィンチニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチニュース

写真『英会話は筋トレ。 中2レベルの100例文だけ! 1か月で英語がスラスラしゃべれる。』(船橋由紀子/かんき出版)
『英会話は筋トレ。 中2レベルの100例文だけ! 1か月で英語がスラスラしゃべれる。』(船橋由紀子/かんき出版)

 今年こそ、英語を話せるようになりたい……。そう思い、スマホの学習アプリや市販の教材に頼っても結局毎回、挫折してしまっているという人はきっと多いはず。

「えーっと」を英語で言える? つなぎ言葉でネイティブ感を醸し出すワザ

 しかし、そんな悪循環は、なんともユニークな学習法を記した『英会話は筋トレ。 中2レベルの100例文だけ! 1か月で英語がスラスラしゃべれる。』(船橋由紀子/かんき出版)を手に取ることで、断ち切ることができるかもしれない。

 著者である船橋由紀子氏は英語学習コーチとして11年間で4500人以上の英会話力アップやTOEICスコアアップのサポートに勤しむ傍ら、筋トレ愛好者としてボディメイクをしつつ、美ボディコンテストへの出場も果たしてきた。

 そうした中で気づいたのが、英会話習得の最短ルートは、筋トレと同様に同じことの反復であるということ。簡単にスラスラ英語を話せるようになるには、たくさんの英文と触れ合うよりも、厳選した100程度の例文を反復して体に刷り込むほうが効果的と感じたとか。

 そこで本書では選び抜いた100例文を用い、良質なトレーニングを伝授。1カ月で英語が話せるようになる反復法を紹介している。

「基礎トレーニング」で100例文を自分のものに!

 一般的な英会話本に掲載されている例文は、複雑に感じられることも多いもの。しかし、本書に登場する100例文は全て中学1〜2年生レベル。ジョークを交えたイラストも添えられているため、記憶に残りやすい。

 また、基礎をしっかり理解することで日本語を話している時のように、文法などを気にせず喋れる状態(自動化)になれるよう、HeやSheから始める例文はあえて省き、使用頻度が高いIやYou、Itから始まる英文をピックアップ。書籍には音声をダウンロードできるバーコードが記載されているため、正しい発音も身につく。

 船橋氏が勧めるトレーニング法は、「基礎トレーニング」「実用化トレーニング」「仕上げトレーニング」の3ステップ。中でも印象的だったのが、100例文を自分のものにできる「基礎トレーニング」。

 このトレーニングでは意識の置きどころを変えながら、4つのLessonにチャレンジする。Lesson 1では「構文」、Lesson 2では「イメージ」、Lesson 3では「発音」にフォーカスしながら解説を読み、音読(各1分間)した後、例文をベースに3分で「自分事」の英文を作成するLesson 4を行い、置き換え表現を習得していく。

 例えば、Can I have the last cookie? という例文の場合なら、まずは構文にフォーカスし「Can I 動詞の原形〜?」が身近な相手に許可を取る表現になることを理解。その後、イメージに着目しながら、丁寧な印象をプラスしたい時には、語尾にpleaseをつける点を押さえる。そして、Can I は一息で繋げ、「キャナイ」と発音するとネイティブ感が出ることを学習し、自分ごとの文を作っていくのだ。

 ちなみに各例文には5つの置き換え例が用意されているので、自力で英文を考えることが難しい人でも安心。

 本書内では、なぜこの基礎トレーニングが効率的なのかも詳しく解説されているので、そちらにも目を向けながら基本を学んでみてほしい。

英会話は「一人しゃべり」でも身につく

 英会話は誰かと話さなければ上達しない。そんなイメージを持っている人も多いのではないだろうか。しかし、船橋氏いわく、誰かと会話するシーンを想像して話す「リハーサル」をするだけでも、言葉の習得は進むのだそう。

 そのため、船橋氏は基礎トレーニング後には、誰かと実際に会話しそうな7つの「一人しゃべり用トピック」を用いて「実用化トレーニング」をしようと提唱。このトレーニングでは、それぞれのトピックに掲載されている、100例文をアレンジしたサンプル文を参考にしながら、話す内容を自分で考えていく。

 なお、話した後には2分間の振り返りタイムを設けるのがポイント。この一工夫こそが、今あるものだけで喋り倒す力をアップさせてくれるのだそう。また、振り返り後にはネタ帳を作るような感覚で、話した内容を3分で書き起こすことも大切なのだとか。

「実用化トレーニング」には、他にも意識すべきポイントがたくさん。集大成となる「仕上げトレーニング」と共に、ぜひチェックしてみてほしい。

 目からウロコな英語の学習法――。それを知ったあなたは1カ月後、「英会話力」というとっておきの武器を手に入れている……かもしれない!

文=古川諭香

このニュースに関するつぶやき

  • 言われてみれば筋トレに近い気がする。自分がちゃんとした発音で喋れないとネイティブな英語を聞き取れないので、受け身のリスニングだけだと身につかない気がする。
    • イイネ!1
    • コメント 2件
  • 中学時代、同級生の女子が先生に英語で何か質問されて、”Well …“ と言って次を考えはじめたのがメッチャかっこよくて、、、惚れました(*゚▽゚*)
    • イイネ!5
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(3件)

前日のランキングへ

ニュース設定