あす(19日)は四国や近畿、東海、北陸で激しい雨 東北は梅雨入り秒読みか

1

2021年06月18日 18:01  日本気象協会

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真あす(19日)は四国や近畿、東海、北陸で激しい雨 東北は梅雨入り秒読みか
あす(19日)は四国や近畿、東海、北陸で激しい雨 東北は梅雨入り秒読みか

あす(19日)は低気圧や湿った空気の影響で全国的に雨が降り、四国や近畿、東海、北陸などでは局地的に激しい雨が降る見込みです。大雨による土砂災害や川の増水、道路の冠水などに十分な注意が必要です。また、東北では梅雨入りする可能性があります。



●東海、北陸は警報級の大雨か


あす(19日)は日本海に発生する低気圧に向かって湿った空気が流れ込み、各地で大気の状態が不安定になるでしょう。全国的に雨が降り、四国や近畿、東海、北陸などでは雷を伴って激しく降る所がありそうです。
激しい雨の降る時間帯は
・四国は朝のうち
・近畿は明け方〜昼過ぎまで
・東海や北陸は朝〜夜まで
の見込みです。
特に東海や北陸では予想以上に湿った空気の流れ込みが強まったり、活発な雨雲が停滞した場合、警報級の大雨となる恐れがあります。あす夕方までの24時間に予想される雨量は多い所で東海で150ミリ、北陸で130ミリとなっています。
1時間に30ミリ以上の激しい雨が降ると道路が川のようになることがあります。また同じ場所で長い時間激しい雨が降ると、川の増水や土砂災害の危険性が高まります。十分ご注意ください。


●東北は梅雨入りか


あす(19日)は関東や東北、北海道にかけても日中は広く雨が降り、雨脚の強まる時間帯もあるでしょう。
東北ではあさって(20日)以降も曇りや雨の日が多くなる見込みで、もしかするとあす(19日)の雨のタイミングで梅雨入りする可能性があります。本格的な雨のシーズンを迎えるにあたり、今一度大雨への備えを確認しておくとよさそうです。


    前日のランキングへ

    ニュース設定