子どもがいると「金利」が優遇される定期預金

2

2021年06月18日 19:31  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

写真「子どもがいると金利上乗せ!」という子育て家庭にやさしい定期預金が増えています。取り扱っているのは地銀や信用金庫など地域に密着した金融機関が中心で、自治体の子育て支援対策に連動している場合も多いようです。
「子どもがいると金利上乗せ!」という子育て家庭にやさしい定期預金が増えています。取り扱っているのは地銀や信用金庫など地域に密着した金融機関が中心で、自治体の子育て支援対策に連動している場合も多いようです。

子育て家庭なら金利が上乗せされる

子どもがいると金利を上乗せしてくれる、子育て家庭にやさしい定期預金が増えています。

取り扱っているのは地銀や信用金庫など地域に密着した金融機関が中心で、自治体の子育て支援対策に連動している場合も多いようです。

定期預金は安全確実な代わりに金利の魅力は期待できませんが、子育て世帯にやさしい定期預金であれば、子どものいる世帯に金利が優遇されます。ぜひ、チェックしてみましょう。

ただし、預入金額は100万円以上などと高額のものが多いため、確実に貯めたい教育資金や住宅資金などに利用するのがよさそうです。

子育て支援の預金の特徴

子育て支援の預金といっても、商品内容は金融機関ごとに異なります。たとえば利用者の条件も、「子どもがいればOK」のものもあれば、「子ども3人以上」の場合もあります。

各金融機関の「子育て支援の預金」に多い要件・内容等を整理すると次のようになります。

<「子育て支援の預金」の特徴>
■利用対象者 
・子ども(18歳以下あるいは22歳以下)を扶養している親
・「子ども3人以上」が条件の商品も多い

■預金形式  
・1年定期や5年定期が多い
・自動更新可能な場合もある

■金利
・店頭表示金利に一定金利を上乗せ
・子どもの人数が多いほど上乗せ幅が大きい商品もある

■必要書類等 
・子どもの年齢や扶養関係の確認のため、健康保険証や住民票の写しなどが必要な場合も

上乗せ金利にばかり目が行きがちですが、いざ利用するとなると、1年定期なのか5年定期なのかといった預入期間も重要です。また、自動更新できるのかなどの特性によっても、預け方や預けられる金額などが違ってくるでしょう。

子育て支援の預金は金融機関による違いが大きいので、それぞれの金融機関で、利用条件をチェックしておきたいものです。

「子どもが1人でも優遇される」定期預金

実際に「子育て世帯にやさしい定期預金」の例をいくつか紹介します。商品情報は各社HPの記載から抜粋したものであり、商品内容等は今後の変更もありえます。詳細は各金融機関にご確認ください。

まずは、子どもが1人でもいれば利用できる商品をみてみましょう。「子どもがいれば」という条件ですが、子だくさんならさらに金利優遇される、というタイプもあります。

肥後銀行(本店:熊本県)「肥後優育定期預金」

子どもの誕生日が満期日になる自動継続スーパー定期。利用できるのは、満18歳以下の子どもがいる方。金利優遇(店頭表示金利+0.1%)に子どもの人数による差はありません。

子どもの写真を通帳に入れることができますが、子ども名義の口座にすることはできません。

<肥後銀行「肥後優育定期預金」のおもな内容>
・対象者:満18歳以下の子どもがいる方
・預入形式:預入日から6カ月経過後の最初の子どもの誕生日を満期日とするスーパー定期・スーパー定期300
・預入金額:1口10万円以上1000万円未満
・預入期間:初回……6カ月以上1年6カ月未満、自動更新時……1年
・適用金利:
初回……満期日までの期間に応じて6カ月ものもしくは1年ものの期日指定方式のスーパー定期、もしくはスーパー定期300の店頭表示利率+0.1%
自動継続時……1年ものの期日指定方式のスーパー定期もしくはスーパー定期300の店頭表示利率+0.1%
・その他:通帳に子どもの写真をプリントすることも可能

東日本銀行(本店:東京都)「子育て定期預金」

5年ものの定期預金。利用できるのは、「22歳以下の子どものいる方」。子どもが3人以上いれば、金利の優遇幅は大きくなります。

<東日本銀行「子育て定期預金」のおもな内容>
・対象者:22歳以下の扶養する子がいる方
・預入金額:10万円以上300万円以下
・預入期間:5年(据置期間6カ月経過後は引き出し自由) 自動継続なし
・適用金利
預入時の店頭表示金利(半年複利型定期預金5年もの)に、
22歳以下の扶養する子が2人以下の場合……+0.05%
22歳以下の扶養する子が3人以上の場合……+0.10%

給与振込または年金振込をしていて、かつ東日本CashCard「-Next to You-」または東日本銀JCBカードがある場合さらに+0.1%優遇

横浜信用金庫(本店:神奈川県)「子育て応援定期預金」

18歳未満の子どもがいれば+0.05%。3人以上は+0.10%と金利の優遇幅は大きくなります。契約時点で投資信託等取引のある方(後述の(1)(2)は同時申込も可能)は、上記金利に+1.05%となります。

<横浜信用金庫「子育て応援定期預金」のおもな内容>
・対象者:18歳未満の子を扶養する保護者(親権者)
・預入金額:10万円以上200万円以内
・預入期間:1年(単利型)、3年(複利型)
・適用金利
〔ノーマルコース〕
スーパー定期預金1年もの・2年ものの店頭表示金利に、
18歳未満の子が1人または2人の場合……+0.05%(固定金利)
18歳未満の子が3人以上の場合……+0.10%(固定金利)

〔取引プラスコース〕
契約時点で次のいずれかの取引のある方((1)(2)は同時申込も可能)
(1)投信定時定額購入サービス(つみたてNISA含む)で1万円以上契約
(2)iDeCo(個人型確定拠出年金)の契約
(3)横浜信用金庫で給与を受取っている方
(4)横浜信用金庫で児童手当を受取っている方

スーパー定期預金1年もの・2年ものの店頭表示金利に、
18歳未満の子が1人または2人の場合……+0.10%(固定金利)
18歳未満の子が3人以上の場合……+0.15%(固定金利)

「子だくさんならトクをする」定期預金・定期積金

次は「子ども3人以上」でないと利用できない預金です。子どもの人数が多ければ、一層オトクですから、利用できるエリアに住んでいて該当する方なら、子だくさん家庭は利用しない手はありませんね。

湖東信用金庫(本店:滋賀県)「子育て応援資金『おうみの子』」

滋賀県が策定した、次世代育成支援行動計画「子どもの世紀しがプラン」に賛同し、18歳未満の3人以上の子どもがいる世帯を応援するプラン。利用できるのは、滋賀県内在住者に限られますが、定期預金、定期積金のほか、教育ローン・カーライフプラン・リフォームプラン、住宅ローンの優遇もあります。

ここでは、定期預金と定期積金の内容をご紹介します。

<定期預金>
・対象者:子ども3人以上(18歳未満)扶養する方1名
・預入形式:スーパー定期(1年)、自動継続なし
・預入金額:10万円以上1000万円以内
・適用金利:
スーパー定期1年の店頭表示金利に、
子ども3人の場合……+0.01%
子ども4人の場合……+0.02%
子ども5人以上……+0.03%

<定期積金>
・対象者:子ども3人以上(18歳未満)扶養する方1名
・預入形式:5年のスーパー定期積金
・契約金額:ご契約金額100万円以上で契約期間5年
・適用金利
定期積金1年の店頭表示金利に、
子ども3人の場合……+0.01%
子ども4人の場合……+0.02%
子ども5人以上……+0.03%

・子どもの数の分の定期積金の契約が可能

筆者のつぶやき

子育てにやさしい預金や住宅ローンを紹介していますが、他にも見つけ次第、取りあげていきます。私自身も教育資金の負担感を体験した者として、これからも子育て世帯や、ひとり親世帯の応援をしていきたいと思っています。

文:豊田 眞弓(マネーガイド)
(文:豊田 眞弓(マネーガイド))

このニュースに関するつぶやき

  • そういう金融機関が破綻すると色々と気の毒すぎて
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 保険証くらいならいいけど住民票のうつしとか住民票とるだけで金利より…。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

前日のランキングへ

ニュース設定