「ないニャン…」床のシミを捕まえたい猫の仕草を漫画に 「哀愁が…可愛すぎ」と猫好きさんが共感

0

2021年06月18日 19:40  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

写真「虫やホコリ、反射光にも反応するよね〜」と、猫飼いのみなさん(提供:キュルZ さん)
「虫やホコリ、反射光にも反応するよね〜」と、猫飼いのみなさん(提供:キュルZ さん)

 何かを一生懸命捕まえようとしている猫を描いた漫画「捕まえたかったらしい」が、「わかる」「めっちゃ可愛い」と人気を集めています。描かれているのは「キュルZ @2巻発売(@kyuryuZ)」さんの愛猫、マンチカン(オス)がモデルのキュルガちゃんです。

【漫画】キュルZさんの漫画「捕まえたかったらしい」を全部読む

 床にある何かを見つけたキュルガちゃん。体をくねらせてさまざまなアプローチで「何か」を捕まえようとします。この仕草が想像できる愛らしい描写にも、注目が集まりました。

 そこに飼い主のフータくんがやってきて「小さい虫」か「猫砂の砂」かな?とのぞきこむと…キュルガちゃんが捕まえようとしていたのは床のシミだとわかります。「これは捕まえられないよ〜」とシミを拭いてキレイにするフータくん。ところが、シミが消えてしまったことが不思議なキュルガちゃんが、シミのあった場所をじ〜っと見つめて考え込んでしまいました。それを見て、思わず「悪いことしたかな?」と思ってしまうというお話です。

 この漫画に、
「めちゃ分かりますw 虫とか埃とかとっちゃうとごめんねって思いますよねw」
「キュルちゃん相変わらず可愛いなぁ〜床のシミを捕まえようとするしぐさもめっちゃ可愛いです!」
「抱きつきたいわぁ」
「哀愁が…可愛すぎる(*´꒳`*)❤︎」
「最後のキュルガ 地獄の門を眺める 考える人モードに 入ってるwww」
とコメントが寄せられて、15.7万の“いいね”がついています(6月17日現在)。

 漫画は、キュルZさんの実体験をベースに描かれています。登場人物のフータくんや妹のぴーちゃんはキャラクターで、半エッセイ・セミフィクションのような感じなのだそう。「キュルガ」という名前は、モデルである愛猫さんのおでこの模様が二次元コード認識されたことから、「キューアールガゾウ」にちなんで名付けられたというから「そんなこともあるんだ!」と驚きますね。漫画「捕まえたかったらしい」についてキュルZさんに聞きました。

──今回の漫画も、愛猫さんがしていた仕草から発想されたのですか?

 床のシミとかを気にしてることがあってその様子を描きました。

──実際の猫さんはこの後どうしたのかしら?

 探すの諦めて寝そべったり、飽きてどこか行ったり様々です。

──100件以上のリプライや2.9万のリツイートがあり大反響でした。「かわいいー!」や「わかる!」が多くありましたね。

 そう言っていただけると本当に嬉しいです。いつもご感想をくださりありがとうございます。

──飼われている猫さんの可愛いところはどんなところ?

 考え事してる(?)時のしっぽの動きが可愛いとよく思います。(先だけゆっくりフリフリ動いているやつ)。特に可愛いと思うところいっぱいあって悩みます。

──たくさんありますよね、悩ませてしまいました。

■5月27日にキュルZさんの単行本『夜は猫といっしょ2』が発売。グッズもたくさん出ています。

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・太田 浩子)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    オススメゲーム

    ニュース設定