「これでもうなくさない!」 本の帯を捨てずに収納できるアイデアがとても便利と話題

12

2021年06月18日 19:58  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真本体とカバーのスキマを利用して帯を収納(画像提供:カサネビさん)
本体とカバーのスキマを利用して帯を収納(画像提供:カサネビさん)

 本の帯をさりげなくきれいに収納できるアイデア技が便利すぎて、本を持ち運ぶ際に試してみたくなります。



【画像を見る】本の帯を捨てずに収納できるアイデア



 捨てたくは無いけど本につけたままだと邪魔になりがちな帯の収納方法。本のカバーと本体裏表紙のスキマに帯を引っ掛けることで、さりげなく帯を収納できます。これなら帯が破けてしまう心配はないし、読書をする際に手に引っかかって集中できないということもなさそうです。



 書店で販売されている帯の状態で本を読んでいると、カバンに入れた際に荷物に引っかかってぐしゃぐしゃになったり、破れたりしてしまいがちです。かといって帯だけ単体で保管しておくのも捨ててしまいそうで怖いというときに役立ちそうなアイデアです。



 友人からこの方法を教えてもらったと言うカサネビさんのもとには、「栞みたいに普通に挟んじゃうことが多いのですが、これは…なくさない…!!!」「今まで帯を仕方なく捨てたり無くしたり最終的には付けながら読んでたので…これは素晴らしい…」など、アイデアに驚き実践してみようとする人からの声が寄せられています。



 編集部で試してみたところ、帯を本とカバーの間にすっきり収められました。これなら破れそうにないし、なくす心配もなさそう……!



 ちなみに帯に折れ目を付けたくない人向けの方法を紹介する人も現れました。帯を書籍本体とカバーの間に忍び込ませて装着すると、きれいな状態で保管できます。


このニュースに関するつぶやき

  • 大切な本の場合は、帯をつけたまま、その上に自分でカバーをかけている。大切な本の場合、帯も大切だから。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 普通やし。
    • イイネ!13
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定