奈緒、しゃべり過ぎて酸欠に 前原滉とは“最多共演”の仲

0

2021年06月18日 20:39  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真しゃべり過ぎて酸欠になった奈緒 (C)ORICON NewS inc.
しゃべり過ぎて酸欠になった奈緒 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の前原滉、天野はな、奈緒の3人がメインキャストとして出演する映画『彼女来来』が18日より劇場公開され、東京・新宿武蔵野館で3人そろって初日舞台あいさつを行った。主人公・紀夫を演じた前原が司会を務め、約1年前の撮影時の思い出話に花を咲かせた。

【集合ショット】前原滉&天野はなとともに登壇した奈緒

 本作は、《恋人がある日突然別人に入れ替わる》という不条理な現象を通じて、人間関係の本質をあぶり出す奇妙な“恋愛”映画。演劇ユニット「ピンク・リバティ」の代表で、劇作家・演出家の山西竜矢氏が、映画監督として作り上げたオリジナル企画による初の長編作品。失踪する最愛の恋人・茉莉を奈緒、突如現れる謎の女マリを天野が演じている。

 劇中で共演シーンがない奈緒と天野だが、友人として親しくしていることもあって、「控室でしゃべっていた」(天野)そう。また、奈緒にとって前原は“最多共演”(『あなたの番です』など)とのこと。奈緒は「現場に行ったら気心の知れた友達が2人いるみたいな感じで、それまで自粛してて誰とも話していなかったから、しゃべり倒したことを覚えています」といい、前原も「すごいしゃべっていた」と証言。

 さらに天野が「しゃべったあと、次の瞬間にはスイッチが切れたようになっていて、バスタオルを貸してあげたら、『ありがとう』と言ってすぐ寝ていた」と暴露すると、奈緒は「しゃべりすぎて酸欠状態になっちゃって」と思い出し笑い。和気あいあいとしていた現場の様子を再現するようなトークを繰り広げていた。
    ニュース設定