【家のニオイ】梅雨・雨の日の“イヤ〜な臭い”スッキリ消す方法!【洗濯物・エアコン・台所】

0

2021年06月18日 21:01  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
梅雨は家の中の空気がジメジメしている上に、ニオイが気になることがあり、家族のストレスになってしまいます。

洗濯物の「部屋干し」でやっちゃいけないことって?“臭いストレス”ゼロにする簡単ワザ

特に、エアコンから吹き出る風やキッチンの水周り、部屋干しをしている洗濯物からのいやなニオイは不快ですよね。

これらのニオイ、何とかならないものでしょうか?

そこで今回は、エアコンメーカーや家事の専門家の方々に、梅雨時期のおうちのニオイ解消法法を伺いました。ニオイが気になる人は、今すぐ実践しましょう!

■梅雨時期あるある!お部屋の“いや〜なニオイ”原因と対処法

■エアコンのニオイ

冬の間、しばらく使っていなかったエアコンの冷房をつけてみたら、吹き出し口からなんだか変なニオイが……!

実はこれ、多くの人が経験していることなんです。

三菱電機 霧ヶ峰PR事務局が2021年4月に東京・大阪に住む男女600名に対して行ったアンケート調査の結果、63.5%の人が、「エアコンを使い始めた時、エアコンの風のニオイが気になったことがある」と回答しました。

どんな対策をしているか尋ねたところ、「フィルター掃除」が86.7%でトップになり、その他「市販のエアコン洗浄剤でお手入れ」で39.5%、「掃除機でエアコンを掃除」が32.4%となりました。

また、「対策をしていない」「対策をしたいが、どうしたらいいのかわからない」が合わせて44.9%と、何もしない人や戸惑う人も。

■原因と対処法

三菱電機株式会社の臭気判定士である河島綾さんによると、エアコンの使い始めのいやなニオイの原因は「室内のニオイ」と「カビ」の2種類があるそう。

それぞれの対処法も合わせて見ていきましょう。

原因1.オフシーズンにため込んだ室内のニオイが結露水で放出される

冷房オフシーズンの暖房運転時に、エアコン内部にため込んだニオイが、冷房運転によって生じる結露水によって放出され、いやなニオイとなってエアコンの風として出てくるというものです。

まさかニオイをため込んでいたとは、驚きですね。

対処法「窓を開け、最低温度で1時間の冷房運転」

対処法は、窓を開けて、エアコンは最低温度に設定し、1時間程度、冷房運転をします。すると、結露水がニオイ成分を洗い流してくれるので、徐々にニオイが軽減されていきます。

もし湿度が高いときに1時間以上の運転をするなら、結露がたれてくる可能性もあるので、エアコンの下にビニールシートを敷いて防水対策をしましょう。

もし水漏れが起きたら、他の原因も考えられるので、販売店かメーカーの修理窓口に相談を。

原因2.エアコン内部に繁殖したカビによるもの

もう一つの原因が、エアコン内部にカビが繁殖していることでニオイを発しているというもの。

例えば、昨年の夏にエアコンを使用した際にできたカビが、今年の梅雨の時期を通じてさらに繁殖することで、梅雨終わりにエアコンをつけ始めたときにカビのニオイを感じることがあるそうです。

対処法「カビを取り除く」

まずはエアコン内部にカビが生えていないかをチェックしましょう。カビが生えやすい場所は、通風路や風向ラップ。カビが生えていたなら、カビを取り除きます。

カビをぞうきんなどで拭き取ったら冷房運転をして、カビのニオイが軽減されたか確認を。

もしニオイが減らないなら、通風路の手が届かない場所やファンにカビが生えている可能性があるため、販売店かメーカーの修理窓口に問い合わせて、内部の清掃を依頼しましょう。

冷房をつけて、いやなニオイがしたら、これらの2つの原因を疑って対処し、ニオイが減らないようなら早めに販売店かメーカーの修理窓口に問い合わせましょう。

■キッチンのニオイ

キッチンでは、特に生ごみやシンクや排水口まわりがニオいますよね。梅雨時期になるとよりニオイが強くなる気が……。

原因と対処法をライオンのリビングケアマイスター吉井和美さん監修のもとお届けします。

■原因と対処法

キッチンの水回りのニオイは、主に食品カスが微生物によって分解されて発生します。

微生物は、「温度・水分・栄養(生ごみや汚れなど)」の3つの要素がそろうと増殖するので、この3要素を取り除いて微生物の増殖を抑える工夫が、ニオイ対策のポイントになります。

対処法1.生ごみはこまめに捨てる

生ごみは三角コーナーなどに長期間ためておかず、こまめに処分するようにしましょう。その際、できるだけ水分を切り、袋に入れて口閉じ、密閉して涼しい場所に置いておきます。

ニオイの出やすい魚の内臓や野菜の皮などは、調理直後にポリ袋に入れて口を閉じ、ゴミ出しの日まで冷蔵庫や冷凍庫の隅に保管しておくのもおすすめです。

対処法2.三角コーナーやストレーナー(排水口のゴミ受け)の掃除

台所用洗剤をつけてスポンジでこすり、細かい網目や溝の部分はブラシ状の道具でこすって洗います。

ヌメリ汚れに触りたくない場合は、発泡タイプの排水口用クリーナーを活用すると、手に触れなくて済むのでおすすめです。

せっかく掃除しても汚れ落ちが不十分だと、そこからまたどんどん、ヌメリ汚れが増えてしまうので、掃除のときはしっかり汚れを落とすようにしましょう。

■部屋干しの洗濯物のニオイ

最後は、梅雨の“あるある”、洗濯物の生乾き臭の対処法です。

部屋干しをしていると、生乾きのニオイが気になって仕方がないということがありますよね。おうち時間が長い今、洗濯のたびにこのニオイが部屋中に充満するのは、キツいものがあります。

ライオンのお洗濯マイスターである大貫和泉さんと、パナソニックの部屋干しマイスターである田中裕基さんに原因と対処法を伺いました。

■原因と対処法

大貫和泉さん(以下、大貫)「洗濯物が乾かずに湿った状態が続くと、洗濯時に落としきれなかったわずかな『汚れ』が化学的に変化したり、『菌』による作用を受けたりして、生乾き臭が発生します。

ですから、菌の作用を抑えることで生乾き臭の発生を抑えることが可能になります。

湿度の高い梅雨時期は、洗濯物が乾きにくくなり、菌が増殖しやすくなります」

対処法1.「洗濯前は通気性の良いカゴに入れるか吊るしておく」

大貫「菌を増やさないように、洗濯前のものは通気性の良いカゴに入れておきましょう。濡れたバスタオルは吊るしておくとよいです」

対処法2.「菌対策になる洗剤類を選ぶ」

大貫「部屋干しには、菌対策を意識した洗剤類を選ぶことがポイントです。

まず、除菌や抗菌効果のある洗剤を選ぶことが第一。それに加えて、柔軟剤と酸素系漂白剤を併用するとさらなる効果が期待できます」

対処法3.「詰め込み洗いはしない」「こまめに洗う」

大貫「洗う際のポイントは、『詰め込み洗いはしないこと』と『こまめに洗うこと』の2つ。

特に部屋干しの際には、汚れをしっかり落とすことを意識しましょう」

対処法4.「5時間以内に乾かす」

田中裕基さん「ニオイを抑えるコツは乾燥時間を短縮することです。部屋干しでも5時間以内に洗濯物を乾かすことができれば、生乾きのニオイは発生しにくいというデータもあります。

できるだけ素早く乾かすには、衣類乾燥除湿機を効果的に使うのがポイントです。

洗濯物から蒸発した室内の湿気をパワフルに回収し、乾いた風を当てることができる衣類乾燥除湿機なら、スピーディーにカラッと乾かすことができ、部屋干しのお悩みである乾きにくさと部屋干し臭を解決できます」

*

梅雨時期におうちの中で発生しがちな、いやなニオイの対処法を専門家のもと、お届けしました。

ぜひニオイを退治して、梅雨もおうち時間を快適に過ごしましょう!

【取材協力】
三菱電機株式会社 臭気判定士 河島綾さん

リビングケアマイスター ライオン株式会社 吉井和美さん

お洗濯マイスター ライオン株式会社 大貫和泉さん

部屋干しマイスター パナソニック株式会社 田中裕基さん

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定