宮脇咲良、HKT48卒業コンサート直前の心境は「嫁入り前みたい」 大号泣すると予想も

0

2021年06月19日 09:01  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真宮脇咲良 (C)Zeta Image
宮脇咲良 (C)Zeta Image
 4月末でグローバルガールズグループ・IZ*ONEとしての活動を終了し、19日、福岡・マリンメッセ福岡でHKT48卒業コンサートを開催する宮脇咲良。直前の16日深夜に放送された自身のラジオ番組『今夜、咲良の木の下で』(bayfm/毎週水曜24時)では、3日後に控えた卒業コンサートについて言及をした。

【写真】IZ*ONEで活動をした宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美

 番組は今月8日に収録しており、「正直に言うとまだ実感がない」と話した宮脇。しかし「いろんなお仕事が『これが最後だね』っていうのがどんどん増えていって…。卒業って誰かに言われてするものじゃなくて、自分で決めてするものだから、自分でこの道を選ばなければずっとここに入れたのにと思う自分もいれば、この居心地の良さに甘えたらダメだっていう自分もいる。すごくね、ホント今超複雑な気持ち」と本音を明かした。

 続けて「やっぱり寂しいですよ、どうしても。だって10年一緒にやってきたから。2年半いなかった時期もあったけど、その間も私はHKTのメンバーと連絡をしたり会ったりもしてきたから。そこに自分でピリオドを打つのはすごく寂しいですけど、少しでもファンのみなさんには10年間応援してきてよかったと思ってもらえるようなコンサートにしたいですし、私自身も10年間の集大成じゃないですけれども、HKTではじまったのですべては。そこにしっかりピリオドを打てれたらなと思っています」と心境を語った。

 また、番組収録日(8日)が卒業コンサートの衣装の初フィッティングだったと言及。AKB48グループの衣装デザインを手掛けるオサレカンパニー・茅野しのぶ氏に「こういう衣装がいいです」と相談し、「かわいくて、でも今の私が見せられる姿を意識したものになっていて、まだ見ていないけど、個人的にはドレスが超楽しみ」とワクワクしながら「嫁入り前みたい」と自身の気持ちを表現した。

 さらに、5月29日にHKT48を卒業した森保まどかの卒業コンサートを振り返り、「これから自分が卒業する側としても、コンサートで後ろ姿を見て本当に寂しいかった」とポツリ。森保が卒業コンサートで涙を見せなかったことについて「卒業する人って基本泣いてなくて、まわりの人が大号泣をしているイメージがあって、『なんで泣かないんだろう?』ってもりぽ(森保の愛称)に聞いたら、『自分がしっかりしなきゃって気持ちになるから』と言っていて。でも私は大号泣すると思います。あんな凛としていられない」と予想した。

 「宮脇咲良HKT48 卒業コンサート 〜Bouquet〜」は19日18時開演。dTVにて生配信される。
    ニュース設定