フェルスタッペン初日最速「午後に大きく向上。エンジンも強力だし予選に期待」レッドブル・ホンダ/F1第7戦

0

2021年06月19日 10:01  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021年F1第7戦フランスGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第7戦フランスGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
 2021年F1フランスGPの金曜、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはフリー走行1=3番手(1分33秒880/23周)/2=1番手(1分32秒872/21周)だった。どちらのタイムもソフトタイヤで記録している。

 FP2で、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がミディアムタイヤで記録した2番手タイムとの差は0.008秒だった。

 今回のレースから、フェルスタッペン車にはシーズン2基目のICE、ターボチャージャー、MGU-H、MGU-K、3基目のエキゾーストシステムが投入された。

■レッドブル・レーシング・ホンダ
マックス・フェルスタッペン フリー走行1=3番手/2=1番手
 全体的に見て、いい形で初日を終えることができたと思う。一日のなかでかなり改善したからね。FP1では完全に満足できる状態ではなく、FP2の序盤もそれは変わらなかった。でも、午後に2セット目のタイヤで走った時にマシンの感触が大幅に良くなり、マシンとの一体感がかなり増した。

 このトラックは空間がオープンで、風がとても強いから、1周をうまくまとめるのが簡単ではない。だからとても難しい状態なのは変わりない。風は突然吹いてきて、ある周で問題なくても、次の周では強風に見舞われることがある。そのため、コーナーでのスピードを判断するのが難しいんだ。でも全員が同じ状況なのだから、うまく対処するしかない。

 明日の予選で僕たちがどの位置に立てるのか、予想するのは難しい。金曜の夜にそれぞれのチームが何を見つけ出すのか分からないからね。でもロングランもまずまずだったし、今回も僅差の戦いになると思っている。簡単にはいかないだろう。

(自身の公式サイトでコメントし)ペースがいいし、エンジンも強力だ。明日に向けていい準備ができると思うよ。
    ニュース設定