暑い日やリフレッシュしたい時にぴったりかも。岐阜の天然水×薬草をブレンドしたクラフトウォーターが誕生

1

2021年06月19日 10:01  isuta

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

isuta

写真写真

岐阜の名水×岐阜の薬草で作られたクラフトウォーター『YASOUSUI(野草水)』が誕生。

クラウドファンディングMakuakeにてプロジェクトがスタートしました。

天然水×薬草のクラフトウォーター

岐阜県関市に拠点を構える飲料水メーカーの「奥長良名水」が手掛ける『YASOUSUI』は、岐阜の名水「高賀の森水」×岐阜県・旧春日村で採れた薬草から抽出したエキスをブレンドしたクラフトウォーターです。

日本人の生活に当たり前にあった薬草を「今一度身近なものにしたい」という思いから生まれた健康飲料なのだそうですよ。

使われる「高賀の森水」は、関市にある高賀渓谷から湧き出た天然水。

ミネラルバランスが良く、まろやかな美味しさでモンドセレクション最高金賞を14年連続、ITI優秀味覚賞三ツ星を10年連続受賞したのだとか。

薬草の産地・旧春日村は、霊峰・伊吹山の麓にあるエリアで、織田信長によって薬草園が造られた歴史ある“薬草の宝庫”なんです。

『YASOUSUI』には、旧春日村の薬草(ハーブ)の成分を独自製法でじっくり抽出した「薬草エキス」を配合!

ノンカロリーで糖質ゼロ、食品添加物不使用なのもうれしいポイントです。

7種類のフレーバーをチェック

フレーバーは、薬草(ハーブ)の風味×天然水のまろやかな口あたりが感じられる7種類。

上品でさわやかな香りの“くろもじ” すがすがしい香りの“よもぎ” セロリに似た甘い香りの“トウキ” ムスクに似た独特な香りの“ジャコウソウ” 紫蘇とハッカを合わせたような清涼感のある香りの“ナギナタコウジュ” 古くから健康維持に役立つとされ親しまれてきた“かきどおし” 栄養成分が多く野性的な香りがかんじられる“スギナ”

あっさりとした飲みやすい後味と薬草(ハーブ)ならではの爽やかな香りは、暑い季節にもぴったり。

水分補給にはもちろん、気分転換やほっと一息つきたい時にもおすすめなのだとか。

Makuakeでは、7種類を1本ずつ詰め合わせたセット(税込1890円)から販売中なので、気になる人は応援購入してみてはいかがでしょう。

Makuake「YASOUSUI」プロジェクト https://bit.ly/3iQxjpl

    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定