岡本裕生「リスクを背負って最初から攻めた。決勝は“逃げ一択”」/全日本ロード第4戦筑波 ST1000 ポール会見

0

2021年06月19日 12:01  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真岡本裕生(BLUcRUニトロレーシング51YAMAHA)/2021年全日本ロード第4戦筑波 ST1000 予選
岡本裕生(BLUcRUニトロレーシング51YAMAHA)/2021年全日本ロード第4戦筑波 ST1000 予選
 6月19日、茨城県の筑波サーキットで開催されている2021年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦筑波のST1000クラス予選を終え、ポールポジションを獲得した岡本裕生(BLUcRUニトロレーシング51YAMAHA)が予選を振り返った。

■岡本裕生/BLUcRUニトロレーシング51YAMAHA
「ST1000で初めてのポールポジションが獲得できてうれしいです。ただ、1000ccになって初めてのウエットコンディションなので、タイムの基準も分からず、ここからどれくらい上げられるかも分からないので、どうかな……と思っています」

「筑波サーキットは抜きどころがないので、予選が一番大事だなって思っていました。だから予選はリスクを背負って最初から攻めていきました。自分は決勝の方が得意なタイプだし、予選と同じくらいのペースで走れると思っています。周回数が20周と短いので『逃げ一択』で振り絞って走りたいです」

「明日のレース2はドライで走りたいです。ドライだと榎戸(育寛)選手が速いけれど、アベレージでは負けていないし、勝負できると思っています」
    ニュース設定