日本製紙Twitterの“中の人”が教える「紙パック保管方法」が参考になる 洗剤ですすぐ際は注意して

0

2021年06月19日 12:33  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真森永乳業「リプトン」シリーズの「アイドリッシュセブン」とのコラボパッケージ
森永乳業「リプトン」シリーズの「アイドリッシュセブン」とのコラボパッケージ

 日本製紙の紙パック研究所「カートンラボ」公式Twitterアカウントの“中の人”が、飲み終わった紙パックの保管方法についてツイートしています。お気に入りのパッケージだったり、工作で使いたいときなど、知っておくと役立ちそうです。



【画像】



 きっかけは、先日発売された「リプトン」の期間限定パッケージ。こちらはアプリ「アイドリッシュセブン」とのコラボパッケージで、同作のファンから「保存方法を教えてほしい」といった声が寄せられたことから、パッケージの印刷と製造を担当した日本製紙の“中の人”が、紙に詳しい人から話を聞いた社員の一意見として答えています。



 前提として完璧な紙パックの保管方法は「残念ながらない」としつつ、以下のようにまとめています。



・「レモンティー」「グレープティー」はよく水ですすぎ→乾燥(濃い色の飲料は内面に色素がどうしても残ります…)



・「ミルクティー」は乳成分が特にカビやすいので、薄めた中性洗剤でよくすすぎ→乾燥



・インクは光で劣化するので直射日光を避けて保管すると長持ちする



・(補足として)黄色インクは特に光で劣化しやすいので「レモンティー」は特に注意



 また共通の注意点として、「紙パックの紙は水を吸いにくい加工をしてありますが、洗剤を使うと切り口などから多少染み込むことがあります」とのこと。フニャッとさせないためにも、洗剤ですすぐのは切る前だけにやるのが良さそうです。



 ちなみに“中の人”は、アプリに登場するアイドルグループ「IDOLiSH7」がリプトンのブランドアンバサダー就任を発表した際に、お祝いのメッセージと「記念パケ制作に社内が湧きました」なんて裏話もツイート。「メンバーの皆さんの色味、こだわって刷ったのでぜひ飲んで、眺めて!ぜひパケも楽しんでください」とコメントしており、ファンからも「素敵なパッケージをありがとうございます」と感謝の声が寄せられています。


    ニュース設定