諏訪部順一がナレーション!全米No.1スタート『死霊館』最新作、日本版予告

0

2021年06月19日 16:02  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved
『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved
『死霊館』ユニバースの最新作として、全米で初登場1位を記録した『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』。この度、本シリーズのファンでもある人気声優・諏訪部順一がナレーションを務める予告編映像が解禁された。



日本公開に先駆けて、6月4日(金)に全米3102スクリーンで公開された本作は全米初登場No.1スタートを獲得。また、全世界41か国で公開され、そのうちメキシコ、韓国、インドネシア、オーストラリア、スペイン、ブラジル、サウジアラビア、フランスなど、32か国で首位を獲得するスタートを切り、すでに累計興行収入1億ドル突破している。

今回、心霊研究家ウォーレン夫妻が挑むのは、彼らが最も極限まで追い詰められた衝撃の事件。顔面蒼白、血だらけの様子で呆然と道路を歩く青年アーニー・ジョンソン(ルアイリ・オコナー)。彼は何の罪もない家主を殺害したのにも関わらず、法廷で無罪を主張する。その驚くべき理由は「悪魔のせい」。姿なき存在を証明するため、ウォ―レン夫妻が立ち上がるが…。


「あなたの家族は呪われている」と話すロレイン(ベラ・ファーミガ)が、自身の透視能力を使い調査をするシーンも垣間見える。さらには少年が大人を投げ飛ばし、人間とは思えないほど直角の状態から起き上がる衝撃的な恐怖映像もおさめられている。


「覚悟はあるのか? すべて失うぞ」と言われるほど死の危険が伴う調査ゆえに、断崖絶壁で絶体絶命なエド(パトリック・ウィルソン)とロレインの手に汗握る衝撃のシーンも…。そして最後には「それで済むと思ってる?」と、まるで悪魔がささやいているかのようなセリフに恐怖を覚える。

この予告ナレーションは、大人気アニメ「呪術廻戦」の両面宿儺役をはじめ数多くの作品に出演する声優・諏訪部さんが担当。ホラー映画愛好家を公言し、『死霊館』シリーズのファンでもある諏訪部さん渾身のナレーションとなっている。

日本版予告と合わせて解禁されたポスタービジュアルには、不穏な表情を浮かべるエドと、何かを見て怯えたようなロレイン。そんな2人の顔の前には「今日、あなたは初めて、悪魔を見る。<実話>」と、ロレインが十字架の穴から悪魔を見ているのかもしれない…という想像がかき立てられるメッセージが添えられている。さらには、予告にも登場した悪魔に憑依された少年の姿もあり、恐怖のビジュアルが完成した。


『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』は10月1日(金)より全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)
    ニュース設定