妊娠検査薬を険しく見つめるオータム…『17歳の瞳に映る世界』本編映像&監督のコメント到着

1

2021年06月19日 17:02  cinemacafe.net

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真『17歳の瞳に映る世界』 (C)2020 FOCUS FEATURES, LLC. All Rights Reserved.
『17歳の瞳に映る世界』 (C)2020 FOCUS FEATURES, LLC. All Rights Reserved.
全米大注目の新星女優&新鋭監督による少女たちの旅路を描いた『17歳の瞳に映る世界』。この度、主人公の学生オータムが、望まぬ妊娠という現実に直面するシーンの本編映像と監督エリザ・ヒットマンのコメントが到着した。



ペンシルベニアに住む17歳の学生オータム(シドニー・フラニガン)は、吐き気を感じる日々に、意を決して妊娠センターを訪れる。今回解禁された本編映像は、そのセンターで妊娠検査を行った結果を見ながら、オータムと職員が静かにやりとりをするシーン。


職員が「陽性みたいね」とオータムに語りかけると、「陽性だけど、陰性の可能性はある?」と、妊娠の事実を受け入れられずに一縷の望みをかけて質問をする。「ないわ。陽性は間違いなく陽性よ」との答えに、険しい表情でうつむくオータム…。

彼女が17歳にして、その人生のなかで最も大きな事実を知る瞬間から、少女たちの旅路が始まることになる。本作のスタート地点ともいえるシーンだ。


新進気鋭の女性監督エリザ・ヒットマンは、この本編映像で映し出されたアメリカの小さな町によくある“妊娠センター”について「医療施設に見えるけれど、免許を持った医師は居なくてあてにはならない」と言う。「実際に話に行くと温かく迎えてくれた。彼女たちは良い人たちだったけれど、情報は限られていてその意図は、(中絶はできず)つながりのある支援先や養子縁組の情報を提供するのみ」だという。

そして、当時妊娠中だったエリザ監督は自らそのセンターで妊娠検査を受けたそうで、そこにいる女性たちと会話をし「セリフのいくつかは、彼女たちとの会話をそのまま使った」と、本作のリアリティあふれるやりとりの秘密を明かした。


「セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(SRHR:性と生殖に関する健康と権利)」という言葉をメディアで目にする機会は増えてきたものの、本作で描かれるオータムたちの旅路は、現代を生きる私たちの心に突き刺さるに違いない。

『17歳の瞳に映る世界』は7月16日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)
    ニュース設定