オードリー×霜降り『漫才JAPAN』に人気漫才師ズラリ 若林はガチャ企画をボヤく

0

2021年06月19日 18:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真20日放送のバラエティー特番『漫才JAPAN』(C)日本テレビ
20日放送のバラエティー特番『漫才JAPAN』(C)日本テレビ
 お笑いコンビ・オードリーと霜降り明星による日本テレビ系バラエティー特番『漫才JAPAN』が、20日に放送(後10:30)。“漫才師による漫才ファンのための本格漫才バラエティー”と銘打った同番組が、2度の特番放送を経て、今回初のプライム帯放送を迎える。

【番組カット】オードリー・霜降りら豪華漫才師が登場

 同番組には、漫才日本代表=「漫才JAPAN」が集結。『M-1』王者の銀シャリをはじめ、『M-1』ファイナリストのウエストランド、トム・ブラウン、インディアンスら人気の漫才師がズラリと並ぶ。

 ガチャで引いた時事ネタをお題に新作漫才を作る無茶振り企画「ガチャ漫才」には、MCのオードリーと霜降り明星が挑戦するが、早くも若林正恭が「ここのスタッフは漫才の事を何にもわかってない」とボヤキが止まらない。今回2組が引いたお題は「憧れの職業 声優」と「ひとりキャンプ」。今ブームになっているキーワードをもとに一体どんな漫才ができあがるのか。

 続いて、誰もが知っているヒットソングをテーマに漫才を披露する「ヒットソング漫才」。ラルフ鈴木アナが往年の人気カラオケ番組を思わせるMCを演じるなか、人気漫才師たちがステージでネタを披露していく。まずはM-1ファイナリストのインディアンスがAdoの「うっせえわ」でオリジナル漫才を披露すると、ウエストランドは西野カナの「トリセツ」、トム・ブラウンは星野源の「恋」、M-1王者の銀シャリはYOASOBIの「夜に駆ける」をテーマに珠玉の漫才を披露する。
    ニュース設定