広島、ヒヤヒヤ逃げ切りで6月初の連勝 林が3号弾含む4安打4打点&好守!

24

2021年06月19日 18:01  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真広島・林晃汰 (C)Kyodo News
広島・林晃汰 (C)Kyodo News
● DeNA 11 − 12 広島 ○
<10回戦・東京ドーム>

 広島は若手野手が快音を連ね、ともに今季最多となる17安打12得点を記録。6月初の連勝をマークし、このカードの勝ち越しを決めた。

 広島は初回、2番・野間の二塁打などで二死一、二塁の好機を作り、5番・林が2点適時二塁打を左翼線へ運び先制。7番・西川も中前適時打で続き3点目を加えた。同点に追いつかれた直後の3回は、林が3打点目となる右前適時打を放ち再びリード。続く坂倉の中犠飛で5点目を奪った。

 5回以降も1番・菊池涼の7号ソロなどで加点し、7回は林が3号ソロを左中間席へ運び8点目。8回は代打・中村奨がプロ初本塁打を左翼席へ運び9点目を奪った。9回にも8番・石原の右犠飛、途中出場・羽月の中前2点適時打でダメ押しとなる3点を追加。今季最多の17安打12得点と打線が爆発した。林は5回の第3打席にも左前打を放ち、プロ入り初の1試合4安打4打点を記録。三塁の守備でも6回、痛烈なライナーを横っ飛びで好捕するなど攻守両面で存在感を示した。

 先発の森下は3点を先制してもらった直後の1回裏、2本のソロ本塁打を浴び2失点。2回は8番・大和に中前適時打を許し3−3の同点に追いつかれた。それでも、再び勝ち越してもらった3回以降は要所を締め無失点。7回102球、7安打3失点と尻上がりの内容で、4月27日のDeNA戦(マツダ)以来の白星となる4勝目(4敗)を挙げた。

 8点リードの9回、3番手の高橋樹が失策から崩れ1点差にまで迫られたが、最後は守護神・栗林が14セーブ目(1敗)締め。ヒヤヒヤの逃げ切り勝利で2連勝とした。

このニュースに関するつぶやき

  • 佐々岡監督が、栗林にナイスピッチングというコメントを残したそうです。彼は、入念な準備をしないと制球が定まらいというの、まだわかってないのですかね?無能の極み。
    • イイネ!5
    • コメント 0件
  • 今日も佐々岡監督のダメな継投を見せつけられた。早く辞めてほしい。勝ったのに全然嬉しくないのはショービジネスとして失敗。
    • イイネ!7
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(14件)

ニュース設定