大谷翔平選手、日本人最速20号本塁打を弾丸ライナーで達成 連日の投打にわたる活躍にファン「Ohtani is a beast」

4

2021年06月19日 19:03  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真大谷翔平選手が日本人最速20号2ラン本塁打(画像はロサンゼルス・エンゼルス公式Instagramから)
大谷翔平選手が日本人最速20号2ラン本塁打(画像はロサンゼルス・エンゼルス公式Instagramから)

 日本人最速本塁打の瞬間は衝撃の弾丸ライナーでした。メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平選手は、6月18日(日本時間19日)のデトロイト・タイガース戦に「2番・指名打者」で先発出場。5回の第3打席で20号2ラン本塁打を放ち、松井秀喜さんが持つチーム106試合目(2004年106試合出場、2007年93試合出場)を抜く、チーム70試合目(打者65試合目)でシーズン20号に到達し、日本人最速を更新しました。これを見たファンは「Shohei for mvp(翔平はMVPだ)」と興奮を隠せません。



【動画】20号2ラン本塁打を放った大谷選手



 最初の2打席を三振、センターフライと凡退に終わった大谷選手は、5回の第3打席を1死一塁で迎えます。タイガース先発ホセ・ウレーニャ投手のチェンジアップにタイミングが合わず、カウント2ボール2ストライクからの6球目。大谷選手はインコースを強振すると、弾丸ライナーでライトスタンドへ運びました。



 大谷選手の本塁打20号到達は渡米1年目の2018年に22本塁打を記録して以来で、8回の第5打席でもこの日2本目となる21号本塁打を放ち、リーグ単独2位へ浮上。両リーグのトップであるトロント・ブルージェイズのウラジーミル・ゲレロJr.選手、サンディエゴ・パドレスのフェルナンド・タティス選手に1本差へと迫りました。



 大谷選手は、試合前に自身のInstagramで7月13日(日本時間14日)開催のオールスターゲーム前日に行われる本塁打競争に、日本人選手として初めて参加することを発表しました。



 前日17日(日本時間18日)のタイガース戦では「2番・投手」のリアル二刀流で先発。6回を5安打1失点5奪三振と好投して今季3勝目をあげています。投手として先発の役目を果たした翌日に、打者として本塁打2本をかっ飛ばす大谷選手の姿に、ファンも「Ohtani is a beast(大谷は獣だ)」と驚きを隠せないようでした。


このニュースに関するつぶやき

  • 凄いなぁ…… (゚-゚ )
    • イイネ!2
    • コメント 1件
  • 日本人の誇りです。 https://mixi.at/a9ZK9Mx
    • イイネ!12
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定