Juneteenth(6月19日)、米連邦祝日に ジョージ・フロイド氏の死から1年

2

2021年06月20日 07:31  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真 Jneteenthを連邦祝日にする法案に署名するオー・バイデン米大統領
Jneteenthを連邦祝日にする法案に署名するオー・バイデン米大統領

 ジョー・バイデン米大統領は6月17日(現地時間)、米国の奴隷解放記念日「Juneteenth」(6月19日)を米国の連邦祝日にする法案に署名した。



【その他の画像】



 Juneteenthは、1863年1月1日にリンカーン大統領が奴隷解放宣言に署名した後、最後まで抵抗していたテキサス州が1865年6月19日に奴隷解放を実施したことを記念した日。祝日とする州もあったが、昨年、黒人のジョージ・フロイド氏が警官の暴行により亡くなった事件を受けて高まった「#BLM(Black Lives Matter)」運動が連邦祝日にする契機になった。



 昨年は米Twitterなど多数の企業が休日とした。



 バイデン氏は署名に当たり、「この国のすべての人々の平等の約束が果たされるまで、われわれは休むことはできない。それが私にとってのJuneteenthの意味だ」と語った。



 Juneteenthは連邦政府が認めた11番めの祝日。キング牧師記念日(1月の第3月曜日)制定から約40年ぶりだ。



 米Googleが記念日に検索ページのロゴを変える「Google Doodle」も米国版はJuneteenthを祝うものに変わっている。


このニュースに関するつぶやき

  • BLMなんて過激派じゃないか、暴動屋、日本なら昔の中核派みたいな、連中だ! https://mixi.at/aa0xaov
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

前日のランキングへ

ニュース設定