加山雄三、“エレキギターの神様”寺内タケシさん追悼「また、一緒にエレキやりたかったよな」

21

2021年06月20日 09:39  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真加山雄三 (C)ORICON NewS inc.
加山雄三 (C)ORICON NewS inc.
 エレキギターの神様として知られた、ギタリストの寺内タケシさんが18日に死去したと、公式サイトにて19日までに発表された。82歳。映画『エレキの若大将』で共演した加山雄三が公式サイトで追悼のコメントを発表した。

■寺内タケシさんプロフィール

 加山は「また一人、若大将の仲間が亡くなってしまった。別れはほんとうに辛いけど、映画に音楽とたくさんの思い出が残ってます」と心境をつづった。「僕が初めて作った『夜空の星』のアレンジは寺内君で、あのエレキには、ほんとに仰天しました。当時、エレキギターをあそこまで弾きこなす人間は他にいなかったと思うんだよな」

 「僕がわざとテープの回転を遅くして録ったエレキの音を、今度は回転を普通にして聞かせたら目を丸くして、『どうやって弾いたんですか!!』って何度も聞いてきたのが懐かしく思います」と思い出をしみじみ振り返った。「本当に多くのミュージシャンに影響を与えた、偉大なギターリストでした。また、一緒にエレキやりたかったよな」と偲んだ。

 公式サイトは19日までに「2021年6月18日 弊社所属のギタリスト寺内タケシ氏が永眠いたしました」と伝えた。「今年2月より誤嚥性肺炎のため入院しており、回復に向けてリハビリを続けておりましたが、容態が悪化し、昨日午後8時ごろ旅立ちました。ご冥福をお祈りいたします。-TERRY FOREVER-」と記した。

 寺内さんは1938年1月17日生まれ、茨城県土浦市出身。1962年にブルージーンズを結成。エド・サリヴァン・ショーの出演依頼があったほか、レス・ポール、チェット・アトキンスとともに世界三大ギタリストに選ばれるなど、海外でもその名が知られていた。「レッツ・ゴー『運命』」で日本レコード大賞編曲賞を受賞した。加山雄三主演の映画『エレキの若大将』に出演するなど、幅広く活躍した。

このニュースに関するつぶやき

  • 夜空の星になってしまった・・・ 合掌 https://www.youtube.com/watch?v=RngtcrV3SM4
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • …ドサまぎれに若大将のセコいエピソードが盛り込まれてて(-"-;)���顼�áʴ���
    • イイネ!8
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(12件)

ニュース設定