人気ブランド「LEMONADE by Lemonica」監修“レモネードスイーツ”が高クオリティ♪ 4品食べ比べ

0

2021年06月20日 11:01  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真レモネードスイーツを食べ比べてみました
レモネードスイーツを食べ比べてみました
■「LEMONADE by Lemonica」監修レモネードスイーツを食べ比べ!

ネクストタピオカドリンクとして、SNSなどで人気を集めているレモネード。その火付け役と言われているのが、全国に66店舗を展開するレモネード専門店「LEMONADE by Lemonica(レモネード バイ レモニカ)」(以下レモニカ)です。

【写真ギャラリー】コラボ「レモネードスイーツ」商品&中身の画像

そんなこちらのお店が監修を行ったというスイーツが、全国のスーパーやドラッグストアで発売されています。

さっぱりと食べられるレモンスイーツは、暑い季節にもぴったり。通常ドリンクのみを販売しているレモニカが手掛けたスイーツということで、期待が高まります!

■オリジナルレモンケーキ 税込237円

まずは、レモンスイーツの王道「レモンケーキ」から。パッケージから分かるのは、こちらの商品はよく見るレモン形ではなく、菊型マドレーヌを思わせる風貌ということ。表面のアイシングからレモンケーキ感が感じられます。

取り出してみると、しっかりとしたサイズの大きさ。パッケージにプリントされた2/1サイズのレモンケーキの写真は、実寸大に近いと言えます。

アイシングの厚さは箇所によってまばらですが、生地はこんがりと良い焼き色です。

断面を見てみると、上部にレモンペーストの層と、その中にレモンピールが入っているのが見えます。

そのレモンピールは、実際に食べてみたときに、食感や味のアクセントになっていました。酸味を楽しめるだけでなく、果皮も味わえる、レモン好きにはたまらない一品と言えるでしょう。

■サマーレモネードタルト 税込410円

続いては、レモンスイーツの中でも高い人気を誇るタルトです。4号サイズほどのホールタイプで販売されています。

誰かとシェアして食べるのにちょうど良いサイズのため、一人暮らしの筆者には少々ハードル高めと感じたのですが……。

カットしてみると、全体の厚みが少ない分、ペロリと食べられそうな印象。断面も、ベイクドレモン生地とレモンムースの2層仕立てになっています。

トップのレモンムースは酸味がきいていて、下のベイクドレモン生地は甘めなので、一緒に食べることで甘酸っぱい味わいを楽しめます。タルト生地は、ソフトでしっとりとした食感です。

■オリジナルレモネードロール 税込453円

お次はロールケーキです。こちらも4カット入りと、一人暮らしには手を出しづらいボリュームなのが難点。

フタを開けてみると、ロールケーキの上部にはレモンピール入りのレモンソースがかかっているのが見えます。

断面から、クリームの内側にも同じレモンピール入りのレモンソースが巻き込まれているのが分かります。

酸味のきいたレモンソースとレモンホイップクリームによって、さっぱりといただけます。生地もしっとりふわふわのため、飲めるように食べられます(笑)。

■Hi!チーズレモネードパルフェ 税込259円

最後はパフェです。カップ越しに、鮮やかな色のゼリーがキラキラと映えます。

こちらは、レモネードにチーズクリームを乗せた「ハイチーズレモネード」という、以前レモニカで販売され人気を博したドリンクをイメージして作られたのだそう。

フタを開けてみると、トップにはレモンムース、チーズホイップクリーム、レモンソースがぎっしり。

その下には、ゴロッと大きめにカットされたレモンゼリーとチーズホイップクリームの層が続いています。

ゼリーとムースやクリームと一緒に食べてみると、ゼリーの甘さとムースやソースの酸味、そしてチーズの風味をバランス良く味わえます。

レモンゼリーのつるんとした喉ごしは、まさに夏に食べたくなるスイーツと言えます。

■まとめ

今回発売された4品のレモネードスイーツを食べ比べてみた結果、筆者が一番おすすめしたいのは「オリジナルレモネードロール」です!

味・クオリティ・レモネード感ともに、5つ星評価。一人暮らしの方には手を出しづらいボリューム感ではありましたが、消費期限内にペロリと食べきれました。

もちろん好みはそれぞれかと思いますが、4種類のスイーツはどれもレモニカのレモネードの魅力の一つである“丸ごとレモンの味わい”を活かした味に仕上がっていたと感じます。

そんなレモネードスイーツで、さっぱりと爽やかにご褒美タイムを満喫してみてはいかがでしょうか。
    ニュース設定