「働くママだけど副業したい!」時間がなくて迷っているあなたへ 先輩ママからのアドバイス

3

2021年06月20日 13:00  まいどなニュース

  • 限定公開( 3 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

写真もう少し収入があれば…副業に関心をもつ働くママも増えています
もう少し収入があれば…副業に関心をもつ働くママも増えています

働き方改革で就業規定が変わった企業が増え、副業をする方も増えています。実は副業は、個人だけでなく企業にとっても大きなメリットにつながっているため多くの人に注目されているのです。働くママのなかにも、副業に興味のある人は多いと思います。しかし、本業と家事、そして育児までこなしながら副業をするのは難しいと考えていませんか? 副業をしたいけれど時間がなくて迷っているママに向けて先輩ママからのアドバイスを紹介します。

【漫画】これが働くママに「オススメの副業」!…全編を読む

働くママが副業する理由は?

本業や家事、そして育児も抱えながら副業をするのはなぜなのでしょうか。実際に副業をしているママたちに聞いてみました。

   ◇   ◇

▽本業の収入だけでは生活が厳しいからです。小さな子どもを抱えていては残業もままならないため、副業という形を取りました。(30代 子ども1人)

▽本業でコスト削減のため、社員教育の場が無くなってしまいました。しかし、副業でスキルが増えればキャリアアップを狙えると思いチャレンジすることに決めました。(40代 子ども2人)

   ◇   ◇

現在の日本の最低賃金は、世界34位という先進国では最下位となっていることをご存知でしょうか。これは国が発展し、経済の中心が製造業からサービス業に移行すると企業の力が強くなり労働者の立場が弱くなってしまうことが原因です。そのため、普通に働いているだけでは基本給が増えず生活が厳しくなってしまいます。収入を増やすためには本業でキャリアアップをするか、本業以外の収入源を確保する必要があるのです。

現に、本記事を書いている私も副業でWebライターをしています。理由は、本業の収入が少なく生活が苦しいことと、子どもや自身の将来のためにも貯金を増やしたいと思ったからです。完全未経験から始め、大変なこともありますが収入が増えたことで心にゆとりができ、笑顔でいることが増えました。

働くママの上手な副業の選び方

ここでは、私が副業を始めるにあたって最終的に何を重視して選んだかを経緯とともに解説します。

私が初めて選んだ副業は『文字起こし』といって、ラジオ音源やインタビューの録音データなどを『文字に起こす作業』でした。

選んだ理由は、スキルがいらず簡単そうに感じたからです。

クラウドソーシングでは、文字起こし案件はたくさんあるためすぐに採用が決まりました。

喜んだのも束の間、納期が2日以内と非常に短く、しかもクライアントからいただいた音源がとても聞き取りにくく作業は連日徹夜です。報酬も低くスキルも身につかないうえに、このままでは体を壊してしまうと思った結果、以下のポイントが副業選びには大切だと感じました。

1)自分が好きなこと・興味のあること
2)契約から納期までが長い・納期の融通がきくもの
3)1日2〜3時間で可能なもの

以下、詳しく解説します。

   ◇   ◇

▽自分が好きなこと・興味のあること

まずは、『自分の好きなこと』を活かせる内容や、『興味のあること』を学べる内容で選ぼうと決めました。これは副業をするすべての人にとって大切なことだと思います。完全に自分の好みで選べるのが副業の利点ですので、自分が楽しめることを副業にしましょう。

私は、子育ての経験やママ向けに情報を発信できる副業にしようと決めました。また、コスメ好きを活かして『子育て中でも無理のないケア』をモットーに活動しています。

▽契約から納期までが長い・納期の融通がきくもの

子育ては、不測の事態の連続です。子どもの急な体調不良で1日病院に費やすということもあるでしょう。そのため、納期が長めに設定されている、またはこちらから納期を設定できるものを選びましょう。『主婦歓迎』と募集要項に記載があるものは、他の案件に比べて子育て主婦にやさしい納期設定になっているので副業を選ぶ際にチェックしてみてください。

▽1日2〜3時間で可能なもの

働くママは、本業だけでなく家事に育児に大忙しですよね。副業選びの際は、1日の作業時間が2〜3時間で可能なものをおすすめします。実際に副業をしているママたちは、就寝前や起床後の数時間に作業をしている方が多いです。なかなかまとまった時間が取れないという場合も、隙間時間を活用してトータルで2〜3時間で作業できるものを選ぶとよいでしょう。働くママには、体を休める時間も大切なためこれも重要なポイントです。

働くママでもできます!おすすめの副業3選

ここからは、働くママでもできる副業を紹介します。おすすめの副業はこちらの3つです。

1)アンケートやモニター
2)データ入力
3)Webライター

以下で詳しく解説します。

   ◇   ◇

▽アンケートやモニター

アンケートやモニターは、スマホだけで完了できるため隙間時間をメインに作業したい方におすすめです。

実際に使用した商品または体験したサービスの口コミを投稿するものが多く、商品の購入やサービスの利用にかかった費用はクライアントが負担してくれることが大半です。そのため、無料で商品やサービスを利用できるうえに報酬も手に入る点がちょっとお得な副業といえます。

報酬単価は数百円のものが多いので、数をこなさなければ大きな収入にはなりません。しかし、口コミの投稿は数分で完了できるため他の副業と並行して行うことも十分可能です。私もWebライター業に空きが出た場合に行うことがありますが、とても簡単なため息抜きにちょうどいいと思っています。

▽データ入力

データ入力とは、クライアントから受け取った顧客リストやアンケートの回答などをPCやスマホを使用して指定のフォーマットに入力する業務です。

専門的な知識は不要で、難しい作業もないためPCの操作に自信がない方でも挑戦しやすいでしょう。作業スピードも経験を積むことで確実に早くなっていきます。データ入力は、正確な入力さえできればどのような方法で行ってもよい仕事です。そのため、自分のやり方で効率的に仕事を進めるのが好きな方に向いているでしょう。

▽Webライター

Webライターとは、インターネット上の記事を書く仕事です。なかには取材やインタビューを要するものがあり、この場合は経験やスキルが必要となりますが、比較的、専門知識は必要なく、知識のないジャンルでもリサーチしながら執筆することができる案件もあります。何らかの専門分野の資格や知識を持っていれば高単価案件を狙うことも可能です。調べものが好きな人や知識を蓄えることが好きな人に向いている仕事といえます。

前述したとおり私も副業Webライターとして活動しています。リサーチは隙間時間に行い執筆は就寝前に行うスタイルで、活動開始3カ月で5桁の副収入を得ることができました。また、分かりやすい文章の書き方や伝わりやすい話し方を理解することができ、副業で得た文章力や知識は本業にも活かすことができています。

働くママでもできるんです!副業を楽しもう!

副業は、個人だけでなく企業からも需要が高くなり未経験でも始められるものが増えています。「興味はあるけど忙しいし、スキルもないから無理だと思っていた」というママは思い切って始めてみてはいかがでしょうか。収入が増えるだけでなく、新しいスキルを身につけることも可能ですよ!

(まいどなニュース/BRAVA編集部)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    前日のランキングへ

    ニュース設定