あす21日(月) 九州〜東北南部は真夏日の所が多い 猛暑日の所も 熱中症に警戒

1

2021年06月20日 16:51  日本気象協会

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真あす21日(月) 九州〜東北南部は真夏日の所が多い 猛暑日の所も 熱中症に警戒
あす21日(月) 九州〜東北南部は真夏日の所が多い 猛暑日の所も 熱中症に警戒

あす21日(月)は夏至で、強い日差しの照りつける所が多く、気温が上昇。九州〜東北南部は真夏日になる所が多く、九州では35度以上の猛暑日の所も。熱中症に厳重な警戒が必要。



●あす21日(月)は夏至 九州〜北陸は強い日差しが照りつける 紫外線対策を万全に


あす21(月)は、東シナ海に中心を持つ高気圧に覆われてくる見込みです。
九州から東海、北陸は大体晴れて、強い日差しが照りつけるでしょう。関東も雲が多めながらも、晴れ間が出る所もありそうです。東北も日中は晴れる所が多く、日差しが強いでしょう。ただ、夕方からはにわか雨の可能性があります。外出の際は、晴雨兼用があると便利です。北海道は雲が多く、所々で雨や雷雨があるでしょう。
あすは夏至で、昼間の長さが一年のうちで最も長く、太陽が最も高い所から照りつけます。紫外線も夏至の前後が一番強くなります。日焼け止めはしっかりと塗り、汗をかいたら塗り直した方が良さそうです。また、お出かけの際は、帽子や日傘でお肌を紫外線から守りましょう。


●夏至のあす21日(月) 気温上昇 厳しい暑さ


沖縄や九州から東北南部にかけては、日中は気温がグングンと上がります。30度以上の真夏日の所が多く、内陸部では35度以上の猛暑日になる所もあるでしょう。
きょう20日(日)も九州〜近畿では30度以上の所が多くなりましたが、あす21日(月)は、さらに気温の高くなる所がありそうです。
こまめな水分補給を心がけて、汗をかいたら塩分も適度にとるようになさってください。また、疲れたら無理をせず、休憩をとりましょう。
一方、東北北部や北海道は平年より低くなる所もあるでしょう。日中も空気がヒンヤリとする所がありますので、服装でうまく調整なさってください。


    ニュース設定