福住仁嶺が悲願のスーパーフォーミュラ初優勝。強気のオーバーテイクで主導権奪う【第4戦SUGO決勝】

7

2021年06月20日 17:50  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真スーパーフォーミュラ初優勝を手にした福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
スーパーフォーミュラ初優勝を手にした福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
 2021年の全日本スーパーフォーミュラ選手権第4戦決勝レースがスポーツランドSUGOで開催され、5番手スタートの福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がスーパーフォーミュラ初優勝を飾った。2位には予選7番手からポジションを上げた大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)が入り、ポールシッターの関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)は3位となった。

 予選日は終日雨に見舞われたスポーツランドSUGO。一夜明けた決勝日も朝方はまだコース上もうっすらと濡れている個所があったものの、昼頃から天候が回復し、決勝レース直前のウォームアップ走行は完全なドライコンディションのもとで行われた。スタート進行の合間にも青空が広がっていき、気温24度、路面温度34度まで上昇。強い日差しの降り注ぐ中、53周の決勝レースがスタートした。

 好スタートで関口がトップを守る一方、フロントロウから2番手スタートの牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)はやや出遅れ、3番手スタートの阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)が2番手にポジションアップ。その後方でも福住、大湯がスタートダッシュを決めてそれぞれ3番手、4番手に浮上した。

 福住は勢いそのまま3周目に入った1コーナーで阪口に襲い掛かる。アウト側から並びかけた福住とイン側の阪口は軽く接触し挙動を乱すも、お互いに持ちこたえながら3コーナーへ。ここで福住が2番手に浮上した。阪口はこのアクシデントでペースを崩し、大湯、牧野、宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)にもかわされ6番手に後退した。

 関口は2番手との差を1秒以上に広げて周回を重ねる。4周目に福住がファステストラップを更新してタイム差を詰めたが、相手の動きを読むかのように関口もペースアップし、2台の差は数周に渡って拮抗した。

 10周目を終えるところで、大湯がいち早くピットイン。アンダーカットを狙ったものの、タイヤ交換でミスをしてしまい、10秒近いロスタイムを喫してしまう。同じ周にピットインした松下信治(B-Max Racing Team)には抜かれることなくコースへ復帰したが、これで福住、関口との差は広がってしまう。その後、大湯はファステストラップを塗り替えながら2台とのギャップを削っていった。

 トップ争いで先に動いたのは関口。17周を終えるところでピットに向かうと、この動きを見た福住はオーバーテイクシステム(OTS)を使ってインラップを攻め、その翌周にピットイン。carenex TEAM IMPULのピット作業は停止時間7.6秒と速かったが、DOCOMO TEAM DANDELION RACINGはさらにそれを上回る7.1秒という速さで福住をコースへと送りだし、3コーナーの合流地点では福住が実質トップに浮上する。

 その後、多くのマシンが続々とタイヤ交換に向かい、見た目上でも福住はポジションアップ。レースの折り返し地点を過ぎた28周目には3番手までポジションを上げていた。前にいるのはピットストップがこれからの山下健太(KONDO RACING)と野尻智紀(TEAM MUGEN)。しかし野尻はここまで消耗したタイヤで福住に匹敵するタイムを連発。安定したペースで周回を重ねていた。

 福住と野尻の差は22秒前後を維持したまま、41周終了時点で野尻がピットイン。山下は33周目にピットインしていたため、ついに福住が名実ともにトップに躍り出る。

 タイヤ交換を済ませた野尻は牧野の後ろ、6番手でコース復帰。復帰直後のハイポイントコーナーでは背後の宮田に迫られるも、ここを押さえきって牧野に接近する。2台は45周目の馬の背コーナーで最接近。野尻はOTSを作動させてイン側に切り込むが、牧野もこの動きを読んでいたのか遅れてOTSを作動。ギリギリのところでポジションを守り切る。

 2台の争いはこのあと数周にもわたって続いていくが、後方ポジションから追い上げてきた野尻の方が先にOTSを使い果たし、最後まで牧野が5番手のポジションを守り切った。

 後方ではこのような激しいバトルが展開されていたが、トップの福住は大湯との差を6秒に広げ単独トップ走行。終盤、最後の力を振り絞って大湯が差を詰めてくるが、大差を逆転するには至らず。第2戦鈴鹿で圧倒的な速さを見せつつも受けることが叶わなかったトップチェッカーをくぐり、スーパーフォーミュラ初勝利を飾った。

 2位の大湯は3.7秒差まで迫ってチェッカー。3位にはトヨタ勢最上位の関口が続いた。4位には13番手スタートから早めのタイヤ交換作戦を成功させた松下。5位に野尻との猛追をしのぎ切った牧野が入り、6位の野尻は貴重なランキング6ポイントを獲得している。

このニュースに関するつぶやき

  • 記事でも触れられていますが福住選手の勝利要因の一つは序盤に阪口選手を追い抜いた事かな。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • サイバー?と思いながら記事開いたら、スーパーでした。スーパーフォーミュラ。そりゃそうか
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

ニュース設定