【最新話レポ】平手友梨奈の熱演に視聴者感動! ドラマ『ドラゴン桜』第8話、両親に“縁を切る覚悟”でぶつけた思い

0

2021年06月20日 18:11  ダ・ヴィンチニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチニュース

写真『ドラゴン桜2』16巻(著:三田紀房/講談社)
『ドラゴン桜2』16巻(著:三田紀房/講談社)

※この記事は最新話の内容を含みます。ご了承の上お読みください。

【最新話レポ】高橋海人VSゆりやんレトリィバァ!? ドラマ『ドラゴン桜』第7話、コントのようなやり取りに視聴者ほっこり

 2021年6月13日(日)に放送されたドラマ『ドラゴン桜』第8話。岩崎楓(平手友梨奈)が両親に本音をぶつける姿が映し出され、「よく言った!」「まさに迫真の演技」と視聴者を釘づけにしたようだ。

 夏休みに入り、桜木建二(阿部寛)の手を離れて受験勉強に励む東大専科のメンバーたち。一方楓はいまだに東大受験を父・明人(駿河太郎)と母・裕子(馬渕英里何)に伝えられておらず、思い悩んでいるようだ。さらにバドミントンの実業団がおこなう厳しい練習にも参加し、疲労と受験勉強による睡眠不足が原因で倒れてしまう。

 病院で楓が桜木に打ち明けたのは、バドミントン選手としての夢を応援してくれる両親を失望させたくないという思い。そんな彼女に桜木は、「親がお前を苦しめてることを親に教えてやらない。それは優しさか?」「親ってのは化け物だ。誰よりも長く強くお前のことを思ってる。そいつに理解させるには親子の縁を切るぐらいの覚悟が必要なんじゃないのか」と諭す。

 駆けつけた明人と裕子に向き合い、東大受験への思いを告げた楓。明人に頬を叩かれても目を逸らさず、「私は本気で話してるの」と怯まない。彼女はケガで苦しむ選手たちをサポートできるよう勉強したいと胸の内を明かし、「応援してください」と両親に頭を下げるのだった。

 楓を演じる平手の熱演もあり、ネット上には「圧倒されるほど目力がすごい!」「楓の生き様が伝わってきて泣けた」などの反響が続出。勇気ある1歩を踏み出した楓を、これからも応援しよう。

ドラマ『ドラゴン桜』
放送日:毎週日曜 21:00〜
出演:阿部寛、長澤まさみ、高橋海人(※高は正しくははしごだか)、南沙良、平手友梨奈 ほか

    ニュース設定