ジャニーズWESTにテレビマンも注目、後輩グループ躍進の陰で「今」評価される理由

56

2021年06月20日 19:00  週刊女性PRIME

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週刊女性PRIME

写真ジャニーズWEST
ジャニーズWEST

 今年8月の『24時間テレビ44』(日本テレビ系)メインパーソナリティーに決まったKing & Prince、好調なセールスに加えてバラエティーへの出演が急増したSnow ManとSixTONES。さらにジャニーズJr.のTravis Japan、HiHi Jets、美 少年、なにわ男子らもメディア出演が増え、知名度をグングン上げている。

 そんな若手ジャニーズの躍進が目立つ分、どうしても先輩グループたちには地味な印象を持たれがちだったが、ここに来てジワジワと評価を上げているのがジャニーズWEST。

グループだけでなく、個人でも「成果」

 まずグループとしては、昨年4月に地上波でのレギュラー放送がスタートした冠番組『パパジャニWEST』(TBS系)が順調に1周年を迎え、4月6日にはゴールデン・プライム帯の特番も放送された。

 さらに、朝の生放送情報番組『ラヴィット!』5月の“金曜マンスリーゲスト”に選ばれ、メンバー7人が週替わりで出演。今月20日にも『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)にメインゲストとしてグループで出演する。また、コロナ禍の中、4月〜6月の週末を中心に全国ツアーを行い、20日の熊本公演でフィナーレを迎えた。

 個人に目を向けても今夏、重岡大毅はゴールデン・プライム帯初主演ドラマ『#家族募集します』(TBS系)、濱田崇裕は単独初主演ドラマ『武士スタント逢坂くん!』(日本テレビ系)を控えている。

 桐山照史は1月期のドラマ『ゲキカラドウ』(テレビ東京系)で主演を務めたほか、今春にはMCを務める音楽ネタ番組『歌ネタゴング SHOW 爆笑!ターンテーブル』(TBS系)がスタート。

 その他にも、藤井流星が今年1月から『VS魂』(フジテレビ系)のレギュラーとなり、小瀧望は主演舞台『エレファント・マン』での演技が評価され、2月に『第28回読売演劇大賞』杉村春子賞、優秀男優賞を受賞、中間淳太は『東大王』(TBS系)で東大王メンバーを脅かす活躍を見せ続けている。

 桐山と中間の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)など、これまでのレギュラー番組にも出演し続けており、グループ・個人ともに結果を出していることがわかるだろう。では彼らは「なぜ今、ジワジワと来ている」のか。

嵐にも匹敵する仲のよさ、絆、一体感

 ジャニーズWESTのメンバーは、重岡大毅(28歳)、桐山照史(31歳)、中間淳太(33歳)、神山智洋(27歳)、藤井流星(27歳)、濱田崇裕(32歳)、小瀧望(24歳)の7人。彼らは7人でデビューすることにこだわり、「メンバーのグループ愛は現在のジャニーズでも屈指」と言われている。(※ 濱田「濱」は正しくは異体字)

 実際これまで『パパジャニWEST』や音楽番組などグループでの出演時は、楽屋や前室から、収録中、休憩、収録後まで終始、楽しげに話している姿が目撃されてきた。個々のテンションや距離感も近いため、誰が見ても仲がいいことがわかるのだ。

 仲のよさを魅力の1つとしてファンの心をつかんできた嵐が昨年末で活動休止中の今、そのポジションに収まるグループはいない。それは、嵐メンバーの仲のよさが全面に出ていた『VS嵐』が、5つのグループからメンバーを集めた『VS魂』に変わって思うような結果が出ていないことからもうかがえる。

「各グループからの寄せ集め形式では、嵐のような本当の仲のよさ、絆、一体感を醸し出せない」ことを見ている人々が気づいているのかもしれない。その点、ジャニーズWESTは嵐に負けないだけの仲のよさ、絆、一体感を持っているだけに、テレビマンたちが注目しているのは当然だろう。

 また、そんな仲のいい彼らだが、最年長の中間と最年少の小瀧に9歳の年齢差があることも、テレビマンにとって魅力的に見える。ジャニーズWESTをキャスティングすれば、各年齢なりのトークやリアクションが期待できる上に、それだけ幅広い視聴者層を集められるからだ。

華や派手さより、明るさと親近感

 そしてテレビマンたちとジャニーズWESTの話をするとき、必ずと言っていいほど飛び出すのが、「彼らの明るさと笑顔はいいよね」というフレーズ。「どんな現場でも笑顔で楽しみ、小さなことでも心から喜ぶ彼らがいるだけでスタジオがパッと明るくなる」というのだ。

 テレビマンたちは「みんないい顔をしている」と言い、見ている人々は「表情に癒される」と言う。華やかさや派手さより、明るさと親近感。『パパジャニWEST』で子どもたちに穏やかな視線を向け、一緒になって無邪気に遊ぶ姿は、近所の面白いお兄ちゃん、同じ職場の気さくな先輩、愛きょうのある後輩を思わせる。しかも、キャラクターも年齢も異なる7人がいるため、明るさと親近感は相乗効果で上がっていく。

 コロナ禍の重苦しいムードが長引く中、テレビマンたちが彼らの明るさや親近感を求めるのは必然かもしれない。

 また、あるトークバラエティーのディレクターは、「関西系のアイドルなのに、前に出すぎず立ち位置をわきまえているところがいいよね」と言っていた。7人は大阪と兵庫出身の関西人で、ライブではコントを披露するなど笑いの面でも評価されているが、他の出演者たちと波長を合わせられるなど、全国の人々から見て「うるさくない」ところがいいというのだ。

 ジャニーズWESTは7人それぞれがMCをこなせるトーク力を持っているため、いい意味でボケとツッコミが混在している。これは裏を返せば、みんな空気を読み合えるからであり、やはりグループ愛の深さを感じてしまう。

全国区へのキーマンは主演俳優・重岡大毅

 重岡という主演俳優を演じられる芝居のエースがいることもテレビマンたちの印象アップにつながっている。重岡は2019年の『これは経費で落ちません!』(NHK)、2020年の『知らなくていいコト』(日本テレビ系)、『誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-』(日本テレビ系)と好演を続けて、あっという間に主演俳優の座に登り詰めた。

 もともと各メンバーのパフォーマンスレベルが高いと評価されていた上に、重岡が老若男女からの知名度を得たことによって、「いよいよジャニーズWESTが全国区の人気を得ていくのではないか」と見ているテレビマンは少なくない。

 明るく嫌みのない彼らなら、冒頭に挙げた後輩の若手ジャニーズたちと健全に切磋琢磨していけるのではないか。もしかしたら嵐が担っていたポジションにハマるのは、ジャニーズWESTなのかもしれない。

木村隆志(コラムニスト、テレビ解説者)
ウェブを中心に月30本前後のコラムを提供し、年間約1億PVを記録するほか、『週刊フジテレビ批評』などの番組にも出演。各番組に情報提供を行うほか、取材歴2000人超の著名人専門インタビュアーでもある。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』など。

このニュースに関するつぶやき

  • ジャニーズWEST、がんばっているからね(^o^)これからも、がんばってね(^o^)
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 嵐が休止してる今一番応援したいのはWESTだと嵐ファンである私と母の意見が完全に一致した。
    • イイネ!13
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(21件)

ニュース設定