邪魔だけど、取っておきたい「本の帯」 超合理的な収納方法に目からウロコ

106

2021年06月20日 20:00  Jタウンネット

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Jタウンネット

写真邪魔だけど、取っておきたい「本の帯」 超合理的な収納方法に目からウロコ
邪魔だけど、取っておきたい「本の帯」 超合理的な収納方法に目からウロコ

本を読むとき、あなたは帯をどうしているだろうか。

つけたまま? それとも、読むときや本棚にしまうときに邪魔だから捨てる?

「邪魔だけど捨てたくない」という人もいそうだ。そんなときに覚えておきたい便利な技が、ツイッターで注目を集めている。

そんなところに!(写真はカサネビさん提供)
そんなところに!(写真はカサネビさん提供)

これは、ツイッターユーザーのカサネビさん(@96kasanebi)が2021年6月14日に投稿した写真。

カサネビさんはこれについて、

「友達に教えてもらった 『帯は取りたいけど捨てるのは惜しい時の収納場所』」

と、呟いている。

裏表紙のカバー下に本の帯を引っかけているようだ。たしかにこれなら、邪魔にならないし、なくすこともない。

この画期的な方法に、リプライ欄では

「天才だ......」
「本をたくさん並べるのが大好きなわたしですが......気づかなかった!!素晴らしいです」
「今からうちの本の帯を全部収納しまくります!」
「もっと早く知りたかったわぁ」

など、感心する声が集まっている。

Jタウンネット記者は15日、投稿者のカサネビさんに詳細を聞いた。

カバーのデザインをより楽しめる

この技を教えてくれた友人とは学生時代から20年以上の付き合いで、気のおけない友人の1人だという、カサネビさん。よくご飯を食べに行ったり本屋に行ったりするそう。

今回の帯の収納方法も、そのときにたまたま教えてもらったものだ。

使用している本は、「ニャイト・オブ・ザ・リビング・キャット」(写真はカサネビさん提供)
使用している本は、「ニャイト・オブ・ザ・リビング・キャット」(写真はカサネビさん提供)

帯の背の部分で半分に折り、カバー下の裏表紙に引っかける。これだけで、帯が邪魔にならずに保管できる。

カサネビさん自身、本を読むときは帯を外しているのだろうか。

「帯ありきの表紙でない限りは外しています。読む時というか、大体ツイートの様な状態にして、透明のブックカバーをつけた状態にして保管しています。
カバーのデザインを楽しみたいのと、帯は帯で良いデザインや情報があるので取っておきたかったので、教えてもらってからはずっとこのやり方を採用してます」(カサネビさん)

たしかに、帯を外して表紙全体を眺めると、また違った印象に見えることもある。紙の本ならではの楽しみ方だ。

カサネビさんがこの方法を実践したときの感想を聞くと、

「最初は目から鱗でした。引っ掛けてカバーで固定した状態になるので安定するし、帯自体がボロボロになるのをかなり防げます。 折り目がつくのが気にならない方にはオススメな方法です」

と、コメントした。

さっそく、今日の読書から試してみてはどうだろう。

このニュースに関するつぶやき

  • ドラマ化!とかなるの嫌いなんだよな〜ないバージョンもあったりするけれど。映像化関係なくたまたま読もう思ったのがそうだと買いたくなくなってしまうんだよね、、
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 帯に折り目がついてしまうのでアウトです。 俺は表紙裏に巻いてる。まぁ、表表紙がダブつくんだけどな。ハードカバーはできばいけど。 https://mixi.at/aa0yOMo
    • イイネ!23
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(58件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定