イタリア、3連勝で30戦無敗! 10人のウェールズは黒星も決勝T進出決定

0

2021年06月21日 02:52  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真決勝トーナメント進出を決めたイタリアとウェールズ [写真]=Getty Images
決勝トーナメント進出を決めたイタリアとウェールズ [写真]=Getty Images
 EURO2020のグループA最終節が20日に行われ、イタリア代表とウェールズ代表が対戦した。

 イタリアはこの試合で引き分け以上の結果を残せば、30戦負け無しとなる。2連勝で既に決勝トーナメント進出を決めているイタリアは、先発メンバーを前節から8名を入れ替え。FWアンドレア・ベロッティ、FWフェデリコ・キエーザ、フェデリコ・ベルナルデスキの3トップに加え、MFマルコ・ヴェラッティ、DFアレッサンドロ・バストーニらが名を連ねた。

 ウェールズはここまで1勝1分で勝ち点「4」を獲得。ウェールズはFWギャレス・ベイルやMFアーロン・ラムジーといった主力に加え、前節から3名を入れ替え。DFネコ・ウィリアムズ、DFイーサン・アンパドゥ、DFクリス・ガンターの3名がメンバー入り。イタリアとウェールズの一戦は、ローマの『スタディオ・オリンピコ』で行われた。

 試合は27分、ウェールズが左コーナーキックを獲得する。クリス・ガンターがクロスに対して頭で合わせるが、わずかに枠の上に飛んだ。

 29分、イタリアが左サイドからクロスを上げると、エリア右のキエーザにボールが渡る。キエーザは右足を振り抜くが、このシュートは左にそれる。

 すると39分にスコアが動く。ヴェラッティが倒されて、イタリアは右サイドでフリーキックを獲得。ヴェラッティがゴール前にクロスを供給すると、マッテオ・ペッシーナがダイレクトで押し込みゴール。イタリアが先制に成功した。

 後半に入ると、52分にイタリアがフリーキックを得る。ベルナルデスキが左足で直接狙うが、惜しくも左ポストに弾かれる。55分、アンパドゥがベルナルデスキの左足を踏み、レッドカードで一発退場。ウェールズは10人での試合を強いられることになった。

 ウェールズは76分、フリーキックからエリア左にロングパスが通ると、ジョー・ロドンが折り返す。エリア右でフリーになっていたベイルが左足のボレーで合わせるが、枠をとらえられない。

 このまま試合は終了して、1−0でイタリアが3連勝で30戦無敗を飾った。なお、同時刻に行われたスイスとトルコの一戦は3−1でスイスに軍配。この結果を受けて、ウェールズは2位が確定し、決勝トーナメント進出が決定した。

【スコア】
イタリア代表 1−0 ウェールズ代表

【得点者】
39分 1−0 マッテオ・ペッシーナ(イタリア代表)
    ニュース設定