人類の歴史が始まって以来、採掘された金の総量はどのくらい?/大人の最強雑学クイズ

1

2021年06月21日 06:41  ダ・ヴィンチニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチニュース

写真人類の歴史が始まって以来、採掘された金の総量はどのくらい?
人類の歴史が始まって以来、採掘された金の総量はどのくらい?

 文系理系だけじゃくくれない教養がここにある! 雑学総研さんの『大人の最強雑学1500』(KADOKAWA)で、雑学の達人を目指しましょう!

沖縄と東京、猛暑日が多いのはどっち?/大人の最強雑学クイズ

 次の質問の答えとして、正しいものを選んでください。

【問い】人類の歴史が始まって以来、採掘された金の総量はオリンピック公式プールで何杯分?
〇 約3.5杯分
〇 約35杯分
〇 約350杯分

【答え】約3.5杯分

【解説】
金の価値が高いのは、その見た目はもちろん、地球上に存在する量が決まっていて希少価値があるからだ。人類の歴史が始まって以来、採掘された金の総量は約16万6600トンともいわれ、これはオリンピック公式プールの約3.5杯分に相当する。また、地球上に残っている金は、5〜6万トン程度と推測されているが、未採掘の鉱脈の大部分はアフリカの奥地や海底など、非常に採掘が難しい場所に限られているそうだ。

雑学総研

このニュースに関するつぶやき

  • 信じるか信じないかはあなた次第ですw
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

前日のランキングへ

ニュース設定