コロナで「毒親だった父を整理しました。友人3人とも縁を切りました」と語る30代女性

8

2021年06月21日 11:50  キャリコネ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャリコネ

写真写真

昨年から猛威を振るっているコロナウイルス。飲食店の時短営業や酒類の提供禁止などをはじめ、さまざまな業界に多くの影響を与えている。仕事以外にも大学のオンライン化や運動会の中止など、日常生活も大きく変化した。

そのような中でキャリコネニュースには、人間関係にもヒビが入ったという声が多く届いている。東京都の50代男性(小売業)は、「周囲にイライラしている人が多くなったと思います」とコメントを寄せた。今回は、コロナ禍で人間関係にヒビが入ったという声を紹介する。(文:中島雄太)

「周囲にイライラしている人が増えたと思う」

男性の職場は、もともと従業員の仲が良く、働きやすい環境だった。しかしながら、リモートワークでコミュニケーションが減ったことや業務のしわ寄せによって、職場の人間関係が悪化したという。

「イライラしている人が多くなったことで、余計なトラブルが増え、職場の雰囲気がとても悪くなったと感じます」

男性は従業員のイライラが増えた原因について、「自粛を要請するのならそれに見合った補償をすべき。自粛を強制した結果、先行きの見えない不安や現在の生活が立ち行かなくなっている人達が多くなっている」と分析した。

京都府の30代女性(フリーランス)は、「この先の自分にとって有益だったり、必要な人やものがはっきりとわかったりするようになった」と語る。その理由にコロナ禍でストレスフルになっていることを挙げた。

「友人3人は縁切りしましたし、毒親だった父親も整理することにしました」

「人間関係にヒビが入ったのはコロナ禍がすべてではありません」としながらも、これまでの嫌味な発言や失礼な発言に対する不満が爆発したきっかけはコロナにあると語った。

「長年、あたりさわりなく荒波たてず付き合ってきた友人でしたが、ふっきれたというか良い機会だなと感じました」

コロナで恋心にもヒビ!「LINEをブロックされました」

東京都の40代男性(マーケティング)は、「長い付き合いだった独身の友人(女性)と断絶した」と語る。お互いに非正規だったことで気持ちも理解でき、次第に男女としての距離も近づいていった。

ところが男性の友人は派遣の仕事を辞め、夜のバイトで食い繋ぐようになる。そんな矢先にコロナが感染拡大を始めた。男性は友人の生活を心配し、LINEで連絡を取ったが、「話はこじれてしまい、LINEもブロックされてしまいました」と打ち明ける。

その後、男性はすぐにリモートワークになったため、家庭との両立もスムーズになり、次第に生活も落ち着いた。「環境の違いがコロナで決定的になりました。残念だけど仕方がないと思っています」と語る男性だが、女性に対しての思いは消えておらず、「またいつか再会できますように」と続けた。

新潟県の30代女性(パート社員)も、コロナ禍により恋愛の火が消えてしまった一人だ。

「恋人に会いに行こうとしたら、新型ウイルスが広がっているとの報道がありました。会うことも叶わず、気持ちもすれちがい、結果別れることになりました」

と過去を振り返る。女性は相手に対する気持ちが非常に強かったため、「もう恋はしたくない」と語った。

※キャリコネニュースでは引き続き新型コロナで人間関係にヒビが入った人のほか「夏のボーナスいくらですか?」やオンライン会議中のとんでもないエピソードなどのアンケートを募集しています。

このニュースに関するつぶやき

  • 人間関係なんて切るとか切らないじゃなくてご縁があれば繋がるし、ご縁が無くなれば切れるでしょ? そんなものは自然に任せておけば良いかなぁwww
    • イイネ!7
    • コメント 5件
  • 人間関係なんて切るとか切らないじゃなくてご縁があれば繋がるし、ご縁が無くなれば切れるでしょ? そんなものは自然に任せておけば良いかなぁwww
    • イイネ!7
    • コメント 5件

つぶやき一覧へ(5件)

前日のランキングへ

ニュース設定