ポケモン社「ピカチュウジェット」版権使用料を無償提供 塗装費用も全負担 苦境の航空・観光業を支援

1

2021年06月21日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『そらとぶピカチュウプロジェクト』発表会より (C)ORICON NewS inc.
『そらとぶピカチュウプロジェクト』発表会より (C)ORICON NewS inc.
 ポケモン社は21日、東京・スカイマーク羽田格納庫にて新プロジェクト発表会を開催した。「人と人」、「人と地域」をつなぎ、観光・航空事業への貢献を目指す『そらとぶピカチュウプロジェクト』を発足し、第1弾パートナーとしてスカイマークとの連携を発表した。

【動画】『ポケモン』空の旅を彩る「空飛ぶピカチュウプロジェクト」発足 歌手・HYとのタイアップも発表

 きょう21日よりピカチュウが描かれた飛行機「ピカチュウジェット」(正式名称:ピカチュウジェットBC)が就航し、初飛行の便は羽田空港を午後3時35分出発、那覇空港に午後6時20分到着を予定。今後は沖縄(那覇・宮古(下地島)発着路線を中心に、スカイマークが就航するほかの空港へも運航する。

 「そらとぶピカチュウプロジェクト」発足の背景は、ポケモンがゲームやアニメを通じて外に出て冒険する楽しさを表現してきたことから、コロナ禍の今、自由に移動ができるようになった時、大きな影響を受けている航空業界や観光業界に貢献したい思いから誕生した。

 株式会社ポケモンの石原恒和社長は「ポケモンは、ゲームやアニメを通じて、冒険する楽しさ、旅をして新たな出会いが生まれる喜びを伝えてきました。それによって世界中のファンをつなげてきました。このポケモンの力を利用して、人と地域をつなぎ、社会に貢献できると考え、このプロジェクトを発足しました」と、その思いを熱弁。

 スカイマークの洞駿社長も「人と人、人と地域のつながりを再び力強いものにするというのは、まさに当社の企業ミッションでございます。また、航空会社として“旅を通して人々を笑顔に”というのは、まさしく弊社の社会的な存在意義の一つであります。本プロジェクトの思いに強く共感し、この度参画することになりました」と語り、「今はコロナ禍でございますけども、再び心置きなく移動ができるようになったときに、多くの人々に旅をする楽しさを味わっていただけることを期待しております」と願った。

 また、ピカチュウジェットBCの製作について洞社長は「株式会社ポケモン様からは、本取り組みにあたっての版権使用料を無償としていただき、塗装費用もご負担いただきました」と明かすと「改めて感謝を申し上げます」と述べた。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • その金は航空会社ではなく自らの懐に���դ�
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングゲーム・アニメ

オススメゲーム

ニュース設定