日本酒で鶏肉の旨み倍増 料理研究家リュウジさんのパスタ「日本酒鶏そば」

2

2021年06月21日 12:01  おたくま経済新聞

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

おたくま経済新聞

写真日本酒で鶏肉の旨み倍増 料理研究家リュウジさんのパスタ「日本酒鶏そば」
日本酒で鶏肉の旨み倍増 料理研究家リュウジさんのパスタ「日本酒鶏そば」

 鶏肉(チキン)はお肉の中でもお求めやすく、低脂肪でヘルシーな食材。それを使ったシンプルだけど美味しいパスタ料理を「バズレシピ」でお馴染み、料理研究家のリュウジさんがTwitterとYouTubeで紹介しています。日本酒で鶏肉の旨みを引き出すのがポイントで、名付けて「日本酒鶏そば」。手軽に作れるのも魅力です。


【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】


 この「日本酒鶏そば」、かつてリュウジさんがイタリア料理店で働いていた頃、そこのシェフがまかないでよく作ってくれたものが元になっているんだとか。用意する材料は1人前で鶏モモ肉150g、にんにく2片、赤唐辛子1本、パスタ(スパゲティ)100g。このほかに日本酒大さじ2や塩、コショウ、彩りの青ネギなどです。


 サラダ油小さじ2程度をひいたフライパンに、一口大に切った鳥モモ肉を皮目を下にして入れ、焼いていきます。パスタを茹でるのと並行して作業を進めると短時間で楽なのですが、慣れない人だと慌ててしまうので、パスタを茹でる前、鍋でお湯を沸かす時点から始めておくのもいいでしょう。


 皮に焦げ目がつき始めた加減で、みじん切りにしたニンニクと赤唐辛子をフライパンに入れ、鳥モモ肉と一緒に炒めていきます。火加減はニンニクが焦げない程度の弱火がいいでしょう。


 ニンニクが色づき始め、唐辛子の赤が鮮やかになったタイミングで日本酒大さじ2を入れ、アルコール分を飛ばしていきます。全体がトロッとした感じになったら、火を止めてパスタが茹で上がるのを待ちましょう。


 パスタを茹でる際の塩加減は、ある程度塩味がついてスープとして飲めるくらい。茹で加減はパスタの袋に書いてある茹で時間を参考にしつつ、ちょいちょい1本だけ箸で取り、噛んでみて芯が僅かに残るか残らないか……という食感がベストです。


 パスタが茹で上がったら、先にパスタの茹で汁を大さじ2程度フライパンに入れ、温め直します。ジュワジュワ音がし始めたら、茹で上がったパスタを加え、手早く混ぜ合わせます。お好みでコショウや彩りの青ネギを加えて完成。


 炒めた鳥モモ肉から出てきた旨みたっぷりの鶏油(チーユ)の味わいが、日本酒によってさらに引き出される逸品。パスタを混ぜ合わせている時に、その旨みがパスタにも染み込んで美味しくなります。慣れると本当に短時間でできるので、覚えておくといいかもしれません。



<記事化協力>
リュウジさん(@ore825)


(咲村珠樹)


このニュースに関するつぶやき

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定