フードロスやごみ削減 コロナ禍も行動転換後押し

2

2021年06月21日 14:11  OVO [オーヴォ]

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

OVO [オーヴォ]

写真イメージ
イメージ

 少なくとも現時点で分かっている知識を土台にして、フードロスなど廃棄を減らし人権や環境に配慮した消費行動を考える、いわゆる“エシカル(倫理的)消費”を意識する人が増えているようだ。「エシカル消費に関する意識調査」(ソフトブレーン・フィールド・東京)によると、コロナ禍をきっかけに、消費行動を変えた人がいることが分かった。

 1万人以上を対象にしたアンケート調査(1万403人対象)。「エシカル消費」という言葉自体については、知っている人が案外少なく、約8割が「知らない」と回答。「環境や人権に対して十分配慮された商品やサービスを選択・購入すること」と意味を説明したうえで、普段の生活の中で「エシカル消費」を意識することはあるかたずねると、3割が「意識する」とした。具体的には「フードロス削減・防止」(73%)、「ごみをできるだけ出さない・減らす」(69.6%)などのほか、「食品は食べきれる分だけ購入し、食べきる、生ごみを出さない」、「シャンプーや洗剤など、詰め替え用商品がある商品を購入しプラスチックごみを出さない」などが挙がった。

 また、「エコ商品を選ぶ」(55.7%)、「地産地消」(42.8%)なども半数前後が実行。「コロナ禍で売上げが減少した商品などを購入してフードロス削減に協力する」、「コロナで買い物の回数を減らし、必要な物だけ購入するようになりロスが削減できていると思う」など、コロナ禍がきっかけとなった変化も見られた。

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • すごく素朴な疑問なんだけど よく 番組中とかに出演者が食べたりしてるけどあれって 残さずに食べてるんだろうか?
    • イイネ!2
    • コメント 1件
  • すごく素朴な疑問なんだけど よく 番組中とかに出演者が食べたりしてるけどあれって 残さずに食べてるんだろうか?
    • イイネ!2
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(2件)

前日のランキングへ

ニュース設定