「6割の休業手当」もらえた人は4割に満たず コロナ禍、非正規雇用の労働環境

31

2021年06月21日 15:41  OVO [オーヴォ]

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

OVO [オーヴォ]

写真イメージ
イメージ

 コロナ禍で雇用環境が厳しくなる中、非正規雇用で働く人たちの中には、つらい思いをした人も少なくないのではないだろうか。例えば、緊急事態宣言の影響で飲食店が休業や営業時間の短縮をして仕事そのものが減れば、勤務日・時間が減らされるということは十分考えられる。日本労働組合総連合会(連合、東京)が18歳〜65歳の非正規雇用で働く人1,000人を対象に実施した「コロナ禍における非正規雇用で働く人の実態と意識に関する調査2021」でも、厳しい実態が浮き彫りになっている。

休業手当の支給状況 「支給されなかった」勤め先が休業・時間短縮していた人の51.7%、「6割未満」は9.5%、一方、「10割支給された」は20.5%、「6割以上支給された」は18.3%にとどまる

 まず、ズバリ、勤め先がコロナ禍でどんな対応を取ったか聞くと、「出勤日数および労働時間削減」(22.5%)、「在宅勤務(テレワーク)の実施」(12.4%)、「休業などによる自宅待機指示」(9.8%)、「時差出勤の実施」(8.5%)などが中心。業種別で見ると、宿泊業・飲食サービス業では半数強の52.9%が「労働時間を削られた」と答えた。一方、コロナ禍の影響が比較的小さいとされた情報通信業ではテレワーク実施が47.1%に達するなど、業種間で大きな違いが出ている。

 勤め先の労働時間削減についてさらに聞くと、同じ業務の正社員と非正規雇用の社員がいる場合、両方を対象に労働時間を削減したケースが66%、非正規雇用社員のみの労働時間を削減したケースは32.1%。やはり、非正規雇職員のみがつらい思いをするケースも少なからず存在するようだ。

 休業となると心配なのが収入面。(勤め先が休業や時間短縮をしていた人410人に休業手当の支給状況を聞くと、「休業手当は支給されなかった」が51.7%と半数強で、「休業手当は6割未満」は9.5%。「休業手当は10割支給された」20.5%、「休業手当は6割以上支給された」18.3%。と、労働基準法の規定通りに休業手当が6割以上支給されたケースは計38.8%と4割に満たなかった。

 コロナ禍で勤め先から受けた労働契約内容変更では、「途中解雇」(11.7%)、「雇止め」(9.7%)、「退職勧奨」(9.1%)、「賃金の減額」(12.4%)といった回答が多かった。

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • ■平均賃金は韓国以下…「貧しい国」になった日本 文春オンライン(2021/03/04) https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1978870235&owner_id=67611045
    • イイネ!7
    • コメント 0件
  • うちの友達の彼女は、非正規雇用ですがキチンと休業手当もらえてましたよ。やはり、大手は法令遵守してますね。
    • イイネ!19
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(18件)

ニュース設定